MainStage: SculptureのMIDIコントローラを定義する

SculptureのMIDIコントローラを定義する

Sculptureインターフェイスの下部の帯状部分は、たとえばビブラートの深さやモーフパッドの動作を制御するために使用するMIDIコントローラを定義するために使用します。これらのコントロールソース用メニューに表示された、任意のMIDIコントローラを使用できます。

これらのパラメータは、それぞれの設定と一緒に保存されます。パラメータがアップデートされるのは、プラグインのインスタンス作成時に読み込まれるデフォルトの設定が使用される場合か、プロジェクトと一緒にパラメータが保存されている場合だけです。このアプローチによって、個々の設定をいちいち編集して保存しなくても、すべてのMIDIコントローラの設定をキーボードで使用できるようになります。

図。コントローラセクション。

MIDIコントローラのパラメータ

  • 「Vib Depth Ctrl」ポップアップメニュー: ビブラートの深さを制御するために使用するMIDIコントローラを選択します。

  • 「Ctrl A」/「Ctrl B」ポップアップメニュー: サイドチェーンモジュレーションまたは「via」モジュレーションソース(「Controller A」および「Controller B」モジュレーションルーティングのパネルで設定します)として使用可能な2つのコントローラを選択します。

  • 「CtrlEnv 1」/「CtrlEnv 2」ポップアップメニュー: モジュレーション信号またはオフセットとして使用する2つのコントロールエンベロープにコントローラの割り当てを選択します。オフセットとして使用されるのは、コントロールエンベロープが「Ctrl」のみのモードまたは「Ctrl」+「Env」モードに設定されている場合です。これらの割り当て用ポップアップメニューでは、コントローラの動作を記録するためのソースも定義できます。

  • 「Morph X/Y」ポップアップメニュー: 「Morph」パッドのX軸およびY軸座標に対するコントローラの割り当てを選択します。コントローラを割り当てると、モーフポイントを手動で移動させたり、単一のモーフエンベロープのポイントをプログラムしたり、モーフエンベロープ全体をシフトさせたりするためにそのコントローラを使用できるほか、モーフの動作を記録するためのソースとして使用できるようになります。

  • 「Mode」メニュー: デフォルトのMIDIコントローラの割り当て、または設定から読み込んだコントローラの割り当てを選択します。「Use Default / Keep」を選択すると、割り当てが変更されません。「Load From Setting」を選択すると、設定と一緒に保存したコントローラの割り当てが使用されます。(デフォルトの割り当ては、#default.pst設定が存在すればSculptureが音源チャンネルストリップに挿入されるときにそれが読み込まれ、それを元に設定されます。)

MIDIコントローラ割り当てを登録する

  1. コントロール・ポップアップ・メニューを開き、「Learn」項目を選択します。

  2. MIDIキーボードやMIDIコントローラ上で、該当するコントローラを動かします。

    注記:適切なMIDIメッセージが20秒以内に受信されなかった場合、選択されたコントロールは前の値/割り当てに戻ります。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?