MainStage: Ultrabeatオシレータ2の「sample」モードを使用する

Ultrabeatオシレータ2の「sample」モードを使用する

「sample」モードの場合、オシレータ2では音源としてオーディオファイルが使用されます。

図。「sample」モードのパラメータ。

「sample」モードのパラメータ

  • サンプル名表示: サンプルの読み込みを実行/解除したり、読み込んだサンプルをFinderで表示したりするときに使用します。波形表示の左上隅の矢印をクリックして開きます。

  • 「max」/「min」スライダ: スライダを動かして、演奏の強弱(受信するベロシティのレベル)の変化に応じてサンプルの開始位置を設定します。

    • min: 最小のベロシティレベル(1)でのサンプルの開始位置を指定します。

    • max: 最大のベロシティレベル(127)でのサンプルの開始位置を指定します。

    注記:「min」と「max」を同じ値に設定すると、サンプルの開始位置におけるベロシティの効果はありません。

  • 再生方向ボタン: サンプルの再生方向(正方向または逆方向)を変更します。

  • サンプルの「layer」スライダ: UltrabeatのサンプルおよびEXSインストゥルメントから読み込んだサウンドは、通常は、着信MIDIノートのベロシティによって動的に切り替わる複数のレイヤーで構成されています。受信されたベロシティ値がどのサンプルレイヤーに切り替わるかは、緑色の「layer」スライダ(min)または青色の「layer」スライダ(max)によって決まります。

    • 「min」スライダで、MIDIノートのベロシティが1のときにトリガされるサンプルレイヤーが決まります。

    • 「max」スライダで、MIDIノートのベロシティが127のときにトリガされるサンプルレイヤーが決まります。

    注記:複数のレイヤーを持たないサンプルを1つだけ読み込んだ場合は、「Vel layer」スライダが無効になります。

Ultrabeatのオシレータ2にサンプルを読み込む

Ultrabeatの出荷時の設定には、マルチレイヤードラムとパーカッションのサンプルが含まれています。AIFF、WAV、CAF、またはSDIIステレオ・インターリーブ・フォーマットの独自のサンプルを読み込むこともできます。

注記:ユーザが読み込んだサンプルでは、ベロシティのレイヤー化機能は使用できません。

  1. 波形ディスプレイの右上隅にあるポップアップメニューから「Load Sample」を選択します。

    図。「Load Sample」ポップアップメニュー。
  2. 「Load Sample」ウインドウで、使用したいオーディオファイルを表示し、以下のいずれかの操作を行います:

    • 選択したファイルをオシレータ2に読み込むには、「開く」をクリックします。

    • 現在の状態を維持するには、「キャンセル」をクリックします。

Ultrabeatのサンプル読み込みプレビューを使う

サンプルをUltrabeatに読み込む前に、試聴することができます。

図。「Load Sample」ウインドウ。

以下のいずれかの操作を行います:

  • 読み込む前にオーディオファイル(AIFF、WAV、SD2、CAF、UBS)をプレビューするには、「再生」ボタンをクリックします。ボタンをもう一度クリックすると、再生は停止します。

    「再生」ボタンをクリックすると、現在選択しているサンプルファイルがループ再生されます。サンプルは、フィルタ、EQ、エンベロープ、およびそのほかのシンセサイザーパラメータをすべて無視した未処理の状態で再生されます。

  • 複数のファイルを試聴するには、「再生」をクリックしてから、↑キーや↓キーを押したりファイル名をクリックしたりしてファイルを切り替えます。

    注記:一部のレイヤーは、個別にプレビューすることができません。マルチレイヤーUBSファイルの場合、サンプルは75%の固定ベロシティで再生されます。このベロシティ値を使って処理されたレイヤーだけが再生されます。

  • 現在選択されているドラムサウンドのサンプルファイルを一時的に置き換えるには、「サンプルをUltrabeatボイスでプレビュー」チェックボックスをクリックします。

    ドラムサウンドは、「Load Sample」ウインドウが開いていて異なる複数のファイルが選択されている間は、通常(再生されたノート、MIDIリージョンイベント、またはUltrabeatシーケンサーイベント)と同じようにトリガできます。選択したサンプルは、現在のドラムサウンド(あらゆるシンセサイザー処理を含みます)の一部として聴くことができます。

    重要:サンプルをプレビューするときは、Ultrabeatの音源チャンネルストリップに挿入されたあらゆるエフェクトが聴こえます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?