MainStage: Guitar Amp Proの概要

Guitar Amp Proの概要

Guitar Amp Proは人気の高いギターアンプのサウンドと、それらで使用されるスピーカーをシミュレートします。ギターの信号を直接処理して、数々の高品質なギター・アンプ・システムを通じて演奏したギターのサウンドを再現することができます。Guitar Amp Proは、サウンドのデザインや処理の実験にも利用できます。これは別の音源にも使うことができるため、たとえばギターアンプの音響特性をトランペットやボーカルのパートに適用することも可能です。

アンプ「モデル」は、アンプ、スピーカーキャビネット、EQの種類、マイクの種類で構成されています。インターフェイス上部のポップアップメニューを使って、各種のアンプやキャビネットなどを独自に組み合わせることができます。マイクの位置と種類は、左右の黄色い領域で選択します。また、Guitar Amp Proは、リバーブ、ビブラート、トレモロなどの従来のギター・アンプ・エフェクトもエミュレートしています。

「設定」ポップアップメニューを使って、新しい組み合わせのアンプコンボを設定ファイルとして保存できます。この設定ファイルには、パラメータの変更内容も含まれます。

Guitar Amp Proウインドウは、複数のパラメータセクションに分かれています。

図。Guitar Amp Proウインドウ。主なインターフェイス領域が表示されている。
  • アンプセクション: 上部にあるモデルパラメータを使って、アンプ、EQモデル、スピーカーの種類を選択します。V字型に配置されているノブは、トーン、ゲイン、レベルの設定に使います。Guitar Amp ProのアンプモデルGuitar Amp Proのキャビネットモデル、およびGuitar Amp ProのEQを参照してください。

  • エフェクトセクション: 内蔵のトレモロ、ビブラート、およびリバーブエフェクトを操作するパラメータがあります。Guitar Amp Proのエフェクトを参照してください。

  • 「Microphone Position」セクションおよび「Microphone Type」セクション: これらのセクションでは、マイクの位置と種類を設定できます。Guitar Amp Proのマイクパラメータを参照してください。

  • 「Output」スライダ: 「Output」スライダは、エフェクトセクションの下、インターフェイス最下部にあります。これはGuitar Amp Proの最終レベルコントロールとして機能し、「スピーカー裏の」音量コントロールのようなもので、チャンネルストリップの次のプラグインスロットや、「Output」チャンネルストリップに送られる出力のレベルを設定するのに使用します。

    注記:このパラメータは「Master」コントロールとは別のもので、2つの目的で使用されます。1つにはサウンドデザインのため、もう1つにはアンプセクションのレベルを制御するためです。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?