MainStage: Rotor Cabinetエフェクトのマイクタイプ

Rotor Cabinetエフェクトのマイクタイプ

Rotor Cabinetエフェクトには、レスリーキャビネットのサウンドを取り込むモデリングマイクが用意されています。以下のパラメータを使ってマイクタイプを指定できます。Rotor Cabinetエフェクトのマイク処理コントロールも参照してください。

図。Rotor Cabinetエフェクトのマイクパラメータ。
  • 上/下のマイク: 「Type」ポップアップメニューで「Real Cabinet」を選択した場合のホーンスピーカーとドラムスピーカー用のマイクタイプを選択します。Rotor Cabinetエフェクトの概要を参照してください。

    • Dynamic: 単一指向性のダイナミックマイクのサウンドをエミュレートします。コンデンサマイクに比べて明るく鋭い音になります。

    • Condenser: スタジオ用コンデンサマイクのサウンドをエミュレートします。精細かつクリアで、バランスに優れた音になります。

    • Mid-Side Mic: 2本のマイクを近付けて置くMS(ミッドサイド)構成です。1本は単一指向性(または無指向性)マイクで、キャビネットの正面にまっすぐ向けます。もう一本は双指向性マイクで、キャビネットの左右に90°の角度で軸を向けます。単一指向性マイクは、中央の信号をステレオの一方に取り込みます。双指向性マイクは、両サイドの信号をステレオのもう一方に取り込みます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?