MainStage: Sculptureのモーフの概要

Sculptureのモーフの概要

Sculptureはいくつもの「モーフィング可能」なパラメータを備えています。Sculptureインターフェイスでは、モーフィング可能なパラメータは青色または青緑色ではなく、オレンジ色の値バーで示されます。そのため、モーフィング可能なパラメータの値を識別して編集することが簡単です。

モーフィング可能なパラメータはすべて、個々に調整可能で、モーフポイントと共に格納できます。基本的に、すべてのモーフィング可能なパラメータの値は、まるで写真のようにある瞬間の値が取り込まれます。最大5つのモーフポイントの間でサウンドをスムーズに(わずかにまたは大幅に)変化させることができます。

「Morph」パッドとモーフエンベロープを使用すると、モーフポイント間の動きやブレンドを作成して細かく制御することができます。

図。モーフセクション。

モーフセクションは2つの部分から構成されます:

  • 「Morph」パッド: モーフポイントのパスを表示して編集したり描いたりするときに使用します。5つのモーフポイント(4つのコーナーおよびセンター)のほか、モーフポイントや「Morph」パッドの状態をランダマイズしたりコピー&ペーストしたりするためのメニューオプションがあります。

  • モーフエンベロープ: モーフポイントの表示および編集に使用します。セグメントごとに編集(マウスまたはトラックパッドを使用)するか、記録したMIDIコントローラの動作を使用して編集することができます。たとえば、ベクトルスティック(モーフX/Yコントローラ)を使用したり、モーフボール(「Morph」パッド上)をドラッグしたりすることができます。

現在のモーフポイント位置は、「Morph」パッドのボールで示されます。MIDIコントローラ(ベクトルスティックなど)やマウスを使って、現在のモーフポイント位置を移動できます。このような動きは個々に記録したり再生したりすることができ、ボイスごとに違ったようにモーフすることができます。

図。「Morph」パッドとタイムライン。

モーフィング中、モーフエンベロープのタイムラインにある赤いラインが、モーフィング中の現在の時間位置を示します。「Morph」パッドには、現在のモーフ位置に合わせて移動する付点が表示されます。

注記:現在のモーフ位置が示されるのは、ノートを1つ弾いた場合だけです。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?