MainStage: Phat FXの概要

Phat FXの概要

Phat FXは音色を調整できる強力なマルチエフェクトです。主としてドラム、ベース、ギターパート用に設計されていて、必要に応じて温かみ、パンチや存在感を加えることができます。もちろん、任意の信号に使用できます。Phat FXは複数のエフェクトプロセッサ、フィルタ、モジュレータを組み合わせた柔軟なツールで、プロジェクトをすばやく改良できます。

Phat FXには3つのディストーションユニットが含まれ、それらを別個に、またはブレンドして使用することで無限の音色を生み出せます。

ベースエンハンサー回路とバンドパスフィルタ回路を使用してローエンドの周波数を強調し、キックドラムのすばらしいサウンドを作ったりベースギターを優しい響きにしたりできます。

またマルチモデルの使いやすいコンプレッサー、マルチモード・レゾナンス・フィルタ、およびモジュレーション・エフェクト・ユニットも備わっています。

2つのLFOおよびエンベロープフォロワーと、割り当て可能なXYパッドの組み合わせにより、重要なパラメータについて、リアルタイムの強力な自動操作ができます。

Phat FXのプロセッサは連続して動作します。つまり、エフェクトチェーン内で、あるエフェクトの出力が次のエフェクトに入力されます。経路の順序によって、たとえば、ディストーションをかけてからフィルタをかけるのか、フィルタをかけてからディストーションをかけるのかを選択できます。

ウインドウの下部にあるエフェクト順序のストリップでエフェクト名を横方向にドラッグして、エフェクトチェーンの順序を決定します。

図。全画面のPhat FXウインドウ。
公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?