MainStage: DeEsser

DeEsser

DeEsserは特定の周波数を対象とするコンプレッサーで、複雑なオーディオ信号の特定の周波数帯を圧縮します。これは、信号のヒス(歯擦音)を除去するために使われます。高周波数をカットするためにEQの代わりにDeEsserを使う利点は、信号を静的にではなく動的に圧縮することにあります。これにより、信号に歯擦音が存在しない場合に、サウンドが暗い雰囲気になるのを防ぐことができます。DeEsserでは、アタックおよびリリースの時間が大幅に短縮されます。

DeEsserを使用するときは、圧縮する周波数範囲(「Suppressor」の周波数)と、分析する周波数範囲(「Detector」の周波数)を別々に設定できます。この2つの周波数範囲は、DeEsserの「Detector」および「Suppressor」周波数範囲ディスプレイで比較できます。周波数が「Detector」のしきい値を超過すると、「Suppressor」の周波数範囲が減少します。

DeEsserでは、周波数を分離するネットワーク(ローパスフィルタとハイパスフィルタを使用したクロスオーバー)は使用されません。周波数帯を分離して減算するため、位相カーブを変えることはありません。

図。DeEsserウインドウ。

左側には「Detector」パラメータ、右側には「Suppressor」パラメータがあります。中央には「Detector」ディスプレイおよび「Suppressor」ディスプレイと、「Smoothing」スライダがあります。

DeEsserの「Detector」パラメータ

  • 「Frequency」ノブ/フィールド: 分析する周波数を設定します。

  • 「Sensitivity」ノブ/フィールド: 入力信号に対する感度を設定します。

  • 「Monitor」ポップアップメニュー: モニタおよび調整したい信号を選択します。

    • Det(ector): 分離された「Detector」信号をモニタし、周波数範囲を設定するときに、選択します。

    • Sup(pressor): フィルタリングされた「Suppressor」信号をモニタし、周波数範囲を設定するときに、選択します。

    • Sens(itivity): 「Sensitivity」パラメータに応じて入力信号からサウンドを除去するときに、選択します。

    • Off: DeEsser出力を聞くときに選択します。

  • 「Detector」ディスプレイ: 検出する周波数を表示します。

DeEsserの「Suppressor」パラメータ

  • 「Frequency」ノブ/フィールド: 低減する周波数を設定します。

  • 「Strength」ノブ/フィールド: 指定した周波数の周囲にある信号のゲイン低減量を設定します。

  • 「Activity」ライト: フィルタ処理が実行されていることをリアルタイムで表示します。

  • 「Suppressor」ディスプレイ: 抑制する周波数を表示します。

DeEsserの共通パラメータ

  • 「Smoothing」スライダ/フィールド: ゲイン低減の開始/終了フェーズの反応速度を設定します。アタックおよびリリース時間を制御します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?