MainStage: ES1のモジュレーションエンベロープを使用する

ES1のモジュレーションエンベロープを使用する

モジュレーションエンベロープでは、ルーターで選択したパラメータを直接モジュレートできます。モジュレーションエンベロープによって、モジュレーションのフェードインまたはフェードアウトにかかる時間が決まります。中央の位置に設定する(「full」をクリックする)と、モジュレーションの強さは変わらず、フェードインもフェードアウトも発生しません。「full」値に設定すると、モジュレーションの強さは一定のレベルに維持されます。

モジュレーションエンベロープでは、値を下げることでパーカッシブなディケイのエンベロープ、値を上げることでアタックのエンベロープを設定できます。

図。モジュレーションエンベロープ。

モジュレーションエンベロープパラメータ

  • 「Form」ダイヤル/フィールド: モジュレーションのフェードイン(アタック)またはフェードアウト(ディケイ)タイムを設定します。「full」に設定を合わせると、モジュレーションエンベロープがオフになります。

  • 「Int via Vel」スライダ: 上の矢印では、キーを最強音(ベロシティ= 127)で叩いたときの強度、つまりモジュレーションエンベロープの上限を設定します。下の矢印では、最弱音(ベロシティ= 1)での強度、つまり下限を設定します。この差、すなわち緑のバーで示される範囲が、ベロシティの違いにより変調強度が変化する幅になります。

    このバーの部分をマウスでドラッグして動かせば、2つの矢印を連動させて、すなわち間隔を一定に保ったままで調整できます。

ベロシティでパラメータをモジュレートする

  1. ルーターの右側の列でモジュレーションターゲット(「Pulse Width」など)を選択します。

  2. 「Form」スライダを「full」に設定し、必要に応じて「Int via Vel」パラメータを調整します。

    これにより、オシレータのパルス幅はベロシティ値によって変動します。

    さらに面白い使いかたとして、ルーターの右側の列で「LFO Amp」(LFO振幅)ボタンをクリックすると、LFOレベルを直接制御できます。

LFOモジュレーションをフェードイン/フェードアウトする

  • LFOモジュレーションをフェードインするには: 「Form」スライダを正の値(「attack」側)にドラッグします。値が大きくなるほど、モジュレーションが聞こえるまでの時間が長くなります。

  • LFOモジュレーションをフェードアウトするには: 「Form」スライダを負の値(「decay」側)にドラッグします。値を小さくする(「decay」に近付ける)ほど、フェードアウト時間が短くなります。

    エンベロープを使用したLFOの制御は、遅延ビブラートで最もよく使用されます。器楽奏者や歌手の多くは、この方法で持続音を発します。

遅延ビブラートを設定する

  1. 「Form」スライダを右(「attack」側)にドラッグします。

  2. ルーターの左側の列で、LFOのターゲットとして「Pitch」を選択します。

  3. 「Wave」ノブを使って、LFOの波形として三角波を選択します。

  4. 「Rate」フィールドをドラッグして、LFOの速度を5 Hzくらいに設定します。

  5. 「Int via Wheel」の上の矢印をドラッグして小さい値に設定し、下の矢印を0に設定します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?