MainStage: Ultrabeatのステップグリッドのフルビュー

Ultrabeatのステップグリッドのフルビュー

右下隅の「full view」ボタンをクリックすると、トリガボタンが縦横に並んだ大きなシーケンサーグリッドが表示されます。この大きなグリッドには、25個すべてのドラムサウンドに対して32個のトリガボタンが同時に表示されています。

フルビューでは、1つのドラムサウンドのシーケンスではなくパターン全体の概要をつかむことができます。すべてのサウンドのトリガイベントが表示されるため、臨時記号のノートをすぐに識別できます。フルビューの方がパターン作成プロセスも速くなります。

図。ステップシーケンサーのフルビュー。

ステップシーケンサー領域では、選択されたサウンドがグレイのボックスで強調表示されるため、パターンのすべてのシーケンス/サウンドの範囲内で、ステップごとのベロシティとゲートタイムを設定したり、「step」モードでオフセットを設定したりすることが簡単にできます(Ultrabeatのステップオートメーションの概要を参照)。

選択したドラムサウンドについて、グリッド、トリガ行およびゲート/長さ行が表示されます。そのため、たとえばフル・ビュー・グリッドでトリガイベントを生成し、ゲート/長さ行でアクセントを設定する、といったことが簡単にできます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?