MainStage: EVOC 20 TrackOscillatorの概要

EVOC 20 TrackOscillatorの概要

EVOC 20 TrackOscillatorはモノフォニックピッチのトラッキングオシレータを備えたボコーダーです。このトラッキングオシレータは、モノフォニック入力信号のピッチをトラック(追跡)します。入力信号がボーカルメロディである場合、歌部分のノートの各ピッチは合成エンジンがトラックし再現(演奏)します。

EVOC 20 TrackOscillatorには、分析バンクと合成フィルタバンクという2種類のフォルマント・フィルタ・バンクがあります。どちらにも複数の入力オプションがあります。

分析信号のソースは、EVOC 20 TrackOscillatorの挿入先チャンネルストリップの入力部で受け取ったオーディオや、別のチャンネルストリップからのサイドチェーン信号を使って取り込むことができます。

合成ソースは、EVOC 20 TrackOscillatorの挿入先チャンネルストリップのオーディオ入力、サイドチェーン信号、またはトラッキングオシレータから生成できます。

分析および合成の入力信号が共に選択できるため、EVOC 20 TrackOscillatorはピッチ・トラッキング・エフェクト以外に、独自のフィルタエフェクトとしても使用できます。たとえば、あるチャンネルストリップのオーケストラの録音データを、別のチャンネルストリップの電車の音でサイドチェーンフィルタリングすることも可能です。または、あるドラムループを別のドラムループやリズムギター、クラビネット、およびピアノパートなどのサイドチェーン信号で処理するという使いかたもできます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?