MainStage: Tape Delay

Tape Delay

Tape Delayは、旧式のテープエコーマシンのサウンドをシミュレートします。任意の速度を設定することも、プロジェクトのテンポに同期させることもできます。このエフェクトはフィードバックループにハイパスフィルタとローパスフィルタを備えているため、本物のダブエコー効果を簡単に作り出すことができます。Tape Delayは、ディレイタイムモジュレーション用のLFOも備えています。これを使うと、長いディレイであっても、コーラス効果を作り出すことができます。

図。Tape Delayウインドウ。

Tape Delayのパラメータ

  • 「Tempo Sync」ボタン: ディレイリピートをプロジェクトのテンポ(テンポチェンジを含む)に同期します。ボタンの下に現在のテンポが表示されます。「Note」ポップアップメニューまたは「Delay Time」ノブを使って音価を設定します。

  • 「Delay Time」ノブ/フィールド: ディレイタイムをミリ秒単位で設定します。プロジェクトテンポに同期させるときに、「Delay Time」ノブの周りにノート(およびドット)が表示されます。正確な同期値を選択するときは、これらのボタンまたはドットをクリックします(またはノブを回します)。

    注記:音符またはドット値をクリックすると、「Deviation」パラメータ値がリセットされます。現在の「Deviation」値を保持するときは、「Note」ポップアップメニューから値を選択します。

  • 「:2」および「x 2」ボタン: 現在のディレイタイムを半分または倍にします。

  • 「Note」ポップアップメニュー: ディレイタイムのグリッド分解能を設定します。

  • 「Deviation」フィールド: グリッドからのずれの量を設定します。

  • 「Smoothing」スライダ/フィールド: LFOとフラッター効果を抑えます。「LFO」および「Flutter」パラメータを参照してください。

  • 「Clip Threshold」ノブ: 歪んだテープサチュレーション信号のレベルを設定します。高めの値を設定すると、それ以上の聞き取れる歪みは生じません。低めの値を設定すると、強烈な歪みが生じます。この動作は「Feedback」の値が高いときに影響を受けます。その場合は結果として、「Clip Threshold」の値に関係なく歪みが生じます。とはいえ、「Clip Threshold」を低いレベルを設定すると、はるかに早く強烈な歪みと信号の分離を実現できます。

  • 「Spread」ノブ/フィールド: ステレオインスタンスでのエフェクト信号の幅を設定します。このパラメータは、モノラルインスタンスでは使用できません。

  • 「Tape Head Mode」ボタン: 「Clean」または「Diffuse」モードを選択します。それぞれが異なるテープヘッド位置をシミュレートします。これは、「Flutter」や「Feedback」などのほかのパラメータに影響します。

  • 「Low Cut」/「High Cut」スライダ/フィールド: 「Low Cut」値より低い周波数、および「High Cut」値より高い周波数をカットします。ハイパスフィルタとローパスフィルタを使い、タップ(ディレイリピート)のサウンドを成形できます。フィルタはフィードバック回路にあるので、ディレイリピートが発生するたびにフィルタ効果が強まります。濁った感じを強めたい場合は、「High Cut」スライダを左に動かします。エコーを薄めにしたい場合は、「Low Cut」スライダを右に動かします。エフェクトが聞こえない場合は、「Dry」/「Wet」コントロール、およびフィルタ設定の両方を確認してください。

  • LFO Rateノブ/フィールド: LFOの速度を設定します。

  • 「LFO Intensity」ノブ/フィールド: LFOモジュレーションの量を設定します。0に設定すると、ディレイのモジュレーションがオフになります。

  • 「Flutter Rate/Intensity」ノブ/フィールド: アナログテープのディレイ装置で使用される、テープの不規則な走行速度をシミュレートします。

    • 「Flutter Rate」: 速度を設定します。

    • 「Flutter Intensity」: 「フラッター」効果の強さを設定します。

  • 「Feedback」ノブ: 入力に戻す、ディレイとフィルタリングが適用された信号の量を設定します。最小値に設定すると、エコーが1回かかります。100 %に設定すると、信号が無限に繰り返されます。原音信号とそのタップ(エコーリピート)のレベルが加算されていく傾向があり、その結果、歪みが発生することがあります。オーバードライブした信号の色を変更するには、「Character」パラメータを使用します。

  • 「Freeze」ボタン: 現在のディレイリピートを取り込んで、オフになるまで保持します。

  • 「Dry/Wet」スライダ/フィールド: オリジナル信号とエフェクト信号の量を個別に制御します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?