MainStage: Vintage B3のモーフィングのパラメータ

Vintage B3のモーフィングのパラメータ

上鍵盤のプリセットを切り替える、またはスムーズにクロスフェード(モーフィング)することができます。Vintage B3のモーフィングコントロールを使用するを参照してください。

重要:モーフィングのコントロールは2つのウインドウに分散しています。コントロールバーで「Main」をクリックし、右下の「Presets」ボタンをクリックして表示されるウインドウには、「Upper Morph」スライダがあります。「Options」ウインドウにはモーフィングの詳細コントロールがあります。

モーフィングのパラメータ(「Main」ウインドウ)

  • 「Upper Morph」スライダ: 左右にドラッグして、切り替えまたはモーフィングを制御します。キーモードのモジュレーションホイールなどのMIDIコントローラを割り当てて「Upper Morph」スライダを操作することもできます。

  • 「Select via Keyboard」ボタン: モーフィングを適用するプリセットキーの範囲を設定するには、「On」ボタンをクリックしてから、範囲の一番下のキーと一番上のキーを押します。設定されているモーフィングの範囲を無効にするには「Off」をクリックします。

モーフィングのパラメータ(「Options」ウインドウ)

  • 「Mode」スイッチ: 「Step」をクリックするとプリセットがただちに切り替わり、「Linear」をクリックするとプリセットが滑らかに遷移(クロスフェード)します。

  • 「Range」ポップアップメニュー: モーフィングプリセットのキー範囲を選択します。

  • 「MIDI Controller」ポップアップメニュー: 「Upper Morph」スライダにMIDIコントローラを割り当てます。メニューでMIDIコントローラ番号(またはチャンネルアフタータッチ)を選択できます。「Learn」をクリックして、「Upper Morph」スライダが応答する受信MIDIメッセージを登録することもできます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?