MainStage: Multipressorの周波数帯パラメータ

Multipressorの周波数帯パラメータ

Multipressorのパラメータは、主に3つの領域にまとめられます。  上部のグラフィック・ディスプレイ・セクション、下部の各周波数帯のコントロールのセット、右側の出力パラメータです。

図。Multipressorウインドウ。

周波数帯パラメータ

  • 「Compr Thrsh」(Compression Threshold)フィールド: 選択した帯域の圧縮しきい値を設定します。このパラメータを0 dBに設定すると、その帯域は圧縮されません。このパラメータは、各レベルメーターの左側にある上向き矢印を使って設定することもできます。

  • 「Ratio」フィールド(Compression Ratio): 選択した帯域の圧縮率を設定します。このパラメータを1:1に設定すると、その帯域は圧縮されません。

  • 「Expnd Thresh」(Expansion Threshold)フィールド: 選択した帯域の伸張しきい値を設定します。このパラメータを最小値(- 60 dB)に設定すると、そのレベルを下回る信号のみが伸張されます。このパラメータは、各レベルメーターの左側にある下向き矢印を使って設定することもできます。

  • 「Ratio」(Expansion Ratio)フィールド: 選択した帯域の伸張率を設定します。

  • 「Reduction」(Expansion Reduction)フィールド: 選択した帯域のダウンワードエクスパンド量を設定します。

  • 「Peak/RMS」フィールド: 短いピークの検出には小さい値を、RMS検出には大きい値を入力します。単位はミリ秒です。

  • 「Attack」フィールド: 選択した帯域で信号がしきい値を超えてから、圧縮を行うまでの時間を設定します。

  • 「Release」フィールド: 選択した帯域で信号がしきい値を下回ってから、圧縮を止めるまでに必要な時間を設定します。

  • 帯域のオン/オフボタン: 各帯域のオン/オフが切り替わります。有効にするとボタンが強調表示され、その帯域が上部のグラフィックディスプレイ領域に表示されます。

  • 「Byp」(バイパス)ボタン: 選択した周波数帯をバイパスします。

  • 「Solo」ボタン: オンにすると、選択した周波数帯の圧縮だけを聴くことができます。

  • レベルメーター: 左側のバーに入力レベル、右側のバーに出力レベルが表示されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?