MainStage: サンプラー音源の概要

サンプラー音源の概要

サンプラー音源とは、EXS24 mkIIに読み込めるファイルのことを言います。「Cutoff」ノブの上にあるサンプラー音源ポップアップメニューを使用してサンプラー音源を読み込みます。ここでサンプラー音源を選択すると、その音源で使用するオーディオファイルが自動的にハードディスク(またはほかのディスク)からコンピュータのRAMに読み込まれます。読み込んだサンプラー音源は、ソフトウェア音源と同じように演奏したり録音したりします。一部のサンプラー音源では、独自のキーボードマッピングが設定されている場合があります。

サンプラー音源のファイルには、どのサンプル(オーディオファイル)をEXS24 mkIIで使用し、それらをどのようにゾーンとグループに割り当てるのかに関する情報が格納されています。

  • ゾーンとは、個々のサンプル(オーディオファイル)がハードディスクから読み込まれる場所のことです。

  • ゾーンはグループに割り当てることができます。グループには、グループ内のすべてのゾーンを同時に編集できるパラメータがあります。グループは必要な数だけ定義できます。

EXS24 mkIIは、AIFF、WAV、SDII、CAFのオーディオ・ファイル・フォーマットと互換性があります。  オーディオファイルはEXS24 mkIIにサンプルとして読み込まれます。各オーディオファイルは、EXS24 mkIIのインストゥルメントエディタ・ウインドウで自動的にゾーンへ割り当てられます。これらのゾーンを編集、整理してサンプラー音源を作成することができます。ゾーンおよびグループの編集の概要を参照してください。

重要:サンプラー音源にはオーディオファイルは含まれません。サンプラー音源には、使用するオーディオファイルのファイル名、パラメータ設定、ハードディスク上での保存場所に関する情報のみが保存されています。サンプラー音源で使用しているオーディオファイルを削除したりファイル名を変更したりすると、サンプラー音源からそのオーディオファイルを見つけることができなくなります。ただし、オーディオファイルをシステム内の別の場所に移動することは可能です。ファイルはEXS24 mkIIにサンプラー音源を読み込む際に自動的に検索されます。

EXS24 mkIIは、SoundFont2、DLS、Gigasampler、ReCycleのサンプルフォーマット、およびVienna Libraryと互換性があります。SoundFont2、DLS、Gigasamplerファイルを読み込むおよびReCycleファイルをサンプラー音源に変換するを参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?