MainStage: ES1のルーターを使用する

ES1のルーターを使用する

ルーターを使って、LFOとモジュレーションエンベロープでモジュレートするES1パラメータ(ターゲット)を設定できます。左の列のボタンでLFOモジュレーションのターゲットを設定し、右の列のボタンでモジュレーションエンベロープのターゲットを設定します。

図。モジュレーションルーター。

ルーターパラメータ

  • 「Pitch」ボタン: オシレータのピッチ(周波数)をモジュレートします。

  • 「Pulse Width」ボタン: パルス波のパルス幅をモジュレートします。

  • 「Mix」ボタン: プライマリオシレータとサブオシレータのミックスをモジュレートします。

  • 「Cutoff」ボタン: フィルタのカットオフ周波数をモジュレートします。

  • 「Resonance」ボタン: フィルタのレゾナンスをモジュレートします。

  • 「Volume」ボタン: 主音量をモジュレートします。

  • 「Filter FM」ボタン(モジュレーションエンベロープのみ): 三角波形を使ってフィルタカットオフ周波数をモジュレートします。このモジュレーションにより、サウンドの擬似的な歪みが発生したり、金属的なFM形式のサウンドが生成されたりすることがあります。金属的なFM形式のサウンドは、聞き取り可能な信号が共鳴フィルタの自励発振だけの場合に生成されます(ES1フィルタを自励発振させるを参照)。

  • 「LFO Amp」(モジュレーションエンベロープのみ): LFO変調全体をモジュレートします。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?