MainStage: Space Designerの密度エンベロープ

Space Designerの密度エンベロープ

密度エンベロープでは、合成インパルスレスポンスの密度(平均反響回数)を経時的に制御できます。密度エンベロープは、パラメータバーで数値を入力して調整できます。また、「init level」、「ramp time」、「end level」の各パラメータは、「Space Designerのエンベロープを編集する」で説明している方法によってグラフィカルに編集できます。

注記:密度エンベロープは、「Synthesized IR」モードでのみ使用できます。

図。密度エンベロープのパラメータ。

密度エンベロープのパラメータ

  • 「init density」フィールド: リバーブの初期密度(一定時間内での平均反響回数)を設定します。密度を低くすると、反響パターンを聞き取ることができるようになり、エコーも控えめになります。

  • 「ramp time」フィールド: 初期レベルから最終レベルまでの間隔を調整します。

  • 「end density」フィールド: リバーブテイルの密度を設定します。「end density」の値が小さすぎると、リバーブテイルのサウンドが粗くなります。また、この値を低くしすぎると、ステレオスペクトルに影響が出ることもあります。

  • 「reflection shape」フィールド: 仮想スペースに備え付けられている壁、天井、備品に当たって跳ね返る初期反射音クラスタの傾斜(形状)を指定します。

    値を低くすると鋭い輪郭を持つクラスタになり、値を高くすると指数関数的な勾配を持つ滑らかなサウンドになります。「reflection shape」は、異なる素材の部屋を再現する場合に便利です。エンベロープ、密度、初期反射音の最適な設定と組み合わせて使用すると、どのような形状や素材の部屋でもほぼ再現できます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?