MainStage: ベクトルエンベロープのリリースフェーズの動作

ベクトルエンベロープのリリースフェーズの動作

「Env Mode」メニューで、2つのリリース・フェーズ・オプション(「Normal」または「Finish」)のいずれかを設定します。

「Normal」モードでは、キーを放した(ノートオフ)瞬間にエンベロープがリリースフェーズ(サスティンポイント後の段階)へと進みます。つまり、リリースフェーズは、ベクトルエンベロープ上の、キーを放した位置から始まります。動作を以下に示します。

  • ループがオフの場合、ベクトルエンベロープがサスティンポイントに達すると、キーを押している間はサスティンポイントの値が保持されます。

  • ループがオンの場合、ループポイントがサスティンポイントの前にあれば、キーを押し続けている間はループが繰り返されます。

  • ループがオンの場合、ループポイントがサスティンポイントの後ろにあれば、キーを放した後も、ENV 3の「Release」パラメータで指定されたサウンドのリリースフェーズ全体が完了するまで、ループが繰り返されます。

「Env Mode」メニューを「Finish」に設定すると、キーを放しても、ベクトルエンベロープはすぐにはリリースフェーズに進みません。キーを押さえたままにしてもキーを放しても、終了位置まで、エンベロープに設定された順序通りに進みます。動作を以下に示します。

  • ループがオフならば、サスティンポイントは無視されます。キーを押さえたままにしてもキーを放しても、ベクトルエンベロープはすべてのポイントを進み、終了位置に達します。

  • ループがオンならば、ループポイントに達するまですべてのポイントを進み、終了位置に達するまで、ループ範囲が繰り返されます。ループポイントが、サスティンポイントの前にあるか後ろにあるかは関係ありません。

  • ループがオンで、「Loop Count」が「infinite」以外に設定されている場合、ベクトルエンベロープは指定されたループ回数だけ繰り返してから次のポイントに進みます。「Loop Count」が「infinite」に設定されている場合は、ループ後のポイントの数は関係ありません。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?