MainStage: Ultrabeatの概要

Ultrabeatの概要

Ultrabeatは、パーカッションサウンドやポリフォニックリズムを作るためのシンセサイザーです。強力なステップシーケンサーを備えているため、ポリフォニックのリズムシーケンスやパターンを作成することもできます。Ultrabeatのステップシーケンサーの概要を参照してください。

ほとんどのソフトウェアシンセサイザーは、1つのプラグインインスタンスにつき、1つのシンセサイザーしか起動できません。しかし、Ultrabeatは25種類の独立したシンセサイザーを自由に使うことができます。このようなシンセサイザーは、Ultrabeatでは「ドラムボイス」と呼ばれ、ドラムとパーカッションのサウンドを生成するために最適化されています。

Ultrabeatは、24個のドラムパッドに加え、複数オクターブに対応した内蔵キーボードを備えるドラムマシンに例えることができます。これは、ポリフォニックの伴奏、ベース、または旋律に使用できます。Ultrabeatドラムサウンドを演奏する/選択するを参照してください。

MIDIキーボード上での「ドラムボイス」の割り当ては次の通りです: 最初の24個のMIDIキーがそれぞれ1つのドラムボイスに割り当てられます(MIDIノートC1-B2の範囲)。25番目のドラムボイスは、25番目(C3)から上のMIDIキーに割り当てられるため、半音単位でサウンドを演奏できます。

図。アサインメントセクション。

24ドラムパッド割り当ては、幅広く採用されているGM(General MIDI)のMIDIドラムのノートマッピング標準と互換性があります。MIDIキーボードが2オクターブしかない場合やトランスポーズに対応していない場合は、 Mainstage 3 のトランスポーズオプションを使用して着信MIDIノートをオクターブ1つ以上シフトします。

注記:説明を簡単にするために、また、ドラムマシンの例えを以降も使えるようにするため、本書では、個々のシンセサイザーをドラムサウンドと呼びます。ドラムキットは、このサウンドの組み合わせによって構成されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?