MainStage: Step FXのグローバルコントロール

Step FXのグローバルコントロール

XYパッドでは最大4つのターゲットパラメータをリアルタイムで制御できます。青いコントロールポイントをドラッグすると、複数のターゲットを同時にモジュレートできます。XYパッドと「Master」コントロールのパラメータについて、以下の各セクションで説明します。

XYパッドのパラメータ

XYパッドの「Target」ポップアップメニューで変更を加えると、ターゲットパラメータのノブの周囲にある青いリングと点に反映されるため、ターゲットパラメータを容易に識別できます。リングはモジュレーションの範囲、点はXYパッドでのモジュレーションの現在の値を示します。

図。Step FXのXYパッドとディレイパラメータ。青色のモジュレーション範囲と、現在のモジュレーション位置を示すインジケータが表示されています。
  • X/Yパッド: 斜めまたは縦方向にドラッグして、割り当てられているXまたはYのターゲットパラメータの値を変更します。

  • オン/オフボタン: X/Yコントローラを有効/無効にします。

  • 「X Target」ポップアップメニュー: モジュレーションのターゲットを、任意の有効なエフェクトプロセッサ、モジュレーションソース、またはマスターコントロールから1つまたは2つ選択します。

  • 「X Depth」フィールド: 選択したXターゲットのモジュレーションの量/範囲を設定します。

  • 「Y Target」ポップアップメニュー: モジュレーションのターゲットを、任意の有効なエフェクトプロセッサ、モジュレーションソース、またはマスターコントロールから1つまたは2つ選択します。

  • 「Y Depth」フィールド: 選択したYターゲットのモジュレーションの量/範囲を設定します。

「Master」コントロール

  • 「Input」ノブ/フィールド: プラグインの入力レベルを設定します。

  • 「Mix」ノブ/フィールド: 原音信号と処理済み信号のレベルを設定します。これは基本的にウェットとドライのバランスコントロールです。

  • 「Output」ノブ/フィールド: プラグインの全体的な出力レベルを設定します。

エフェクト順序のストリップ

有効なエフェクトユニットと無効なエフェクトユニットの順序と状況がこのストリップに表示されます。無効なエフェクトは淡色表示され、有効なエフェクトは点灯します。信号は左から右へ流れます。

図。Step FXのエフェクト順序のストリップ。

エフェクト順序のストリップ: 有効なエフェクト(点灯)または無効なエフェクト(淡色表示)を横方向にドラッグして、エフェクトの順序を変更します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?