MainStage: Alchemyの名前バー

Alchemyの名前バー

名前バーには、プリセット管理やその他の機能のためのツールがあります。このバーはすべての表示で表示されます。Alchemyのインターフェイスの概要を参照してください。

図。すべてのパラメータが表示されたフル表示の名前バー。

名前バーのパラメータ

  • プリセットフィールド/ポップアップメニュー: 読み込み可能なプリセットのリストを表示します。デフォルトでは、すべてのプリセットが表示されます。プリセットフィールドの横にある左右の矢印ボタンを使うと、プリセットをすばやくスクロールして読み込むことができます。プリセットの並び順はプリセットブラウザの設定に従います。Alchemyのプリセットブラウザの概要を参照してください。

    フィールドには、現在読み込まれているプリセット名とカテゴリが表示されます。プリセットが読み込まれていない場合は「Default」と表示されます。プリセットを読み込むと、そのプリセットのカテゴリがプリセット名の左側に表示されます。

  • カテゴリボタン: プリセットのカテゴリのポップアップメニューを開きます。

  • 「File」ボタン: プリセット管理コマンドのポップアップメニューを開きます。

    • Save Consolidated: アクティブなプリセットのコピーと使用しているオーディオファイルのコピーをまとめて保存します。

      注記:ファクトリーサンプルでは、すべてのAlchemyユーザに利用可能なオーディオファイルが使用されるため、オーディオファイルはコピーされません。

    • Initialize Preset: Alchemyを初期化し、基本的なノコギリ波にリセットします。この状態から独自のプリセットを作成できます。

    • Refresh Library: デフォルトのファイル保存先をすべてスキャンして、プリセットライブラリのデータベースをアップデートします。

  • 「Save」ボタン: アクティブなプリセットへの変更を保存します。ファクトリーバンクのプリセットを使用している場合は、プリセットを誤って上書きしないように、「Save As」ダイアログが表示されます。

  • 「Save As」ボタン: ブラウザウインドウを開き、ファイル名(*.acp)と保存先を指定して、アクティブなプリセットを保存します。新しく保存したプリセットは、カテゴリ、所定の属性、および「環境設定」>「自分の情報」>「アーティスト名」で指定したアーティスト名が自動的に割り当てられ、プリセットブラウザに追加されます。環境設定でアーティスト名を指定していない場合は、プリセットブラウザに「Unknown Artist」として表示されます。

  • 「Quality」ポップアップメニュー: 出力時の処理の分解能を選択します。この設定は、ほかのプリセットを読み込んだりプロジェクトを開き直したりしても維持されます。

  • 「Vol」ノブ: プリセット全体の音量を調整します。シグナルパスの最後で行われる調整です。すべてのボイスのエフェクト信号とドライ信号に適用されます。

ファイルの保存先

Alchemyの各種ファイルはデフォルトで以下の場所に保存されます。

  • プリセット: /ライブラリ/Application Support/Logic/Plugin Settings/Alchemy

  • ユーザプリセット: ~/ミュージック/Audio Music Apps/Plug-In Settings/Alchemy/

  • サンプルデータ: /ライブラリ/Application Support/Logic/Alchemy Samples/

  • EXSサンプラー音源: /ライブラリ/Application Support/Logic/Sampler Instruments

  • ユーザ・サンプル・データ: ~/ミュージック/Audio Music Apps/Alchemy Samples/

  • レート/コメント/タグ/属性: これらはプリセット・データベース・ファイルに保存されます。

プリセットをCST、パッチ、またはプロジェクトの一部として保存する場合(環境設定で「Alchemyアセットを含める」がオフの場合)、AAZデータ(Alchemy分析サンプルフォーマット)は、すでに保存済みであれば、現在の保存先に置かれたまま参照されます。まだ保存していないときは、「~/ミュージック/Audio Music Apps/Alchemy Samples/」フォルダに保存されます。

ACP(Alchemyプリセット)ファイルを保存するときは、ファクトリー・サンプル・フォルダ内のAAZファイルへの参照も保存されます。AAZファイルがそれ以外の場所にあるときは、ACPファイルと同じフォルダに保存されます。AAZファイル名の先頭にACPファイル名が付きます。

ユーザサンプルはディスク上の任意の場所に保存できますが、AAZデータはパッチまたはプリセットと同じ場所に保存されます。上記の保存先は、環境設定で「Alchemyアセットを含める」がオフのときのデフォルト設定です。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?