MainStage: Ultrabeatのパン・モジュレーション・モード

Ultrabeatのパン・モジュレーション・モード

EQの出力信号は、「pan mod(pan modulation)」/「spread(stereo spread)」セクションへ渡されます。このセクションでは、ステレオ空間のサウンドの配分をモジュレートしたり(パン・モジュレーション・モード)、サウンドのステレオ空間を広げたり(ステレオ・スプレッド・モード)することができます。

「pan mod(pan modulation)」は、「mod」(および「via」)のソースに応じてドラムサウンドのパン位置をさまざまに変化させます。

注記:ここで設定したモジュレーションは、アサインメントセクションのミキサーで設定したパン位置と関連しています。

図。「pan mod(pan modulation)」セクション。

パン・モジュレーション・パラメータ

  • 「pan mod」ボタン: パンモジュレーションモードをオンにします。どちらのモードも無効な場合、信号は未処理のまま通過します。

  • 「Mod and via」ポップアップメニュー: パンモジュレーションのモジュレーションソースと「via」のソースを選択します。

  • 「Mod and via」スライダ: 「mod」および「via」のモジュレーションの程度(強さ)を設定します。

注記:このセクションに表示されたパン位置を表す赤線は、直接動かすことはできません。この線を動かすには、ミキサーセクションのパンノブを回転させます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?