MainStage: Ultrabeatオシレータの概要

Ultrabeatオシレータの概要

Ultrabeatのオシレータを使って波形を生成できます。オシレータ2では波形の代わりにサンプルを使用できます。一方(または両方)のオシレータの信号は、シンセサイザーエンジンのほかの部分に送信されて、加工、処理、または操作が行われます。

  • オシレータ1の周波数をオシレータ2を使ってモジュレートすれば、FM音源として使用できます。

  • オシレータ2は、オシレータ1でリングモジュレーションすることができます。

  • オシレータ2は、合成波形の代わりにオーディオファイル(サンプル)を使用することができます。サンプルは、オシレータ2の信号として出力されます。

ほかの音源には、独立したノイズジェネレータやリングモジュレータがあります。これらを使用して、オシレータによって生成される信号に付加する信号を作り出すことができます。UltrabeatのリングモジュレータおよびUltrabeatのノイズジェネレータを参照してください。

共通のオシレータパラメータ

以下のパラメータは、両方のオシレータに共通です。

図。共通のオシレータパラメータ。
  • オシレータのオン/オフボタン: このボタン(オシレータ1の左上、またはオシレータ2の左下)をクリックすると、各オシレータを個別にオン/オフできます。

  • 「vol」ノブ: オシレータ1または2のレベルを設定します。音量は、「mod」および「via」ポップアップメニューに表示されるソースによってモジュレートできます。

  • 「pitch」スライダ/フィールド: ドラッグし、オシレータのピッチを半音単位で設定します。Shiftキーを押した場合は、ピッチをセント単位(1セントは半音の100分の1)で調整します。ピッチは、「mod」および「via」ポップアップメニューに表示されるソースによってモジュレートできます。

  • 信号経路ボタン: クリックして、対応するオシレータの信号をフィルタを経由してルーティングするか、出力のEQセクションへ直接送るかを指定します。オンになっている場合はボタンが点灯し、矢印で信号経路の向きが示されます。

  • 「Mod and via」ポップアップメニュー: オシレータのピッチとレベルのモジュレーションソースを指定します。Ultrabeatのモジュレーションの概要を参照してください。

Ultrabeatオシレータの合成モードを切り替える

オシレータ1では、「phase osc」(フェーズオシレータ)、「fm」、「side chain」(外部オーディオ入力)という3種類の合成エンジンを切り替えることができます。モードごとに用意されているパラメータや機能が異なります。

オシレータ2では、「phase osc」(フェーズオシレータ)、「sample」、「model」という3種類の合成エンジンを切り替えることができます。モードごとに用意されているパラメータや機能が異なります。

  • モード(シンセサイザーエンジン)を選択するには、オシレータ1の上端にあるボタンをクリックします。

  • モード(シンセサイザーエンジン)を選択するには、オシレータ2の下端にあるボタンをクリックします。

    図。オシレータ1のモードボタン。
    図。オシレータ2のモードボタン。
公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?