MainStage: エフェクトについて

エフェクトについて

MainStage 3には、コンサートで使用できる多様なソフトウェア・エフェクト・プラグインが備わっています。

プラグインを追加する/削除するプラグイン設定を使用する、およびプラグインパラメータを調整するの各セクションを参照してください。

エフェクトのカテゴリには、インサートエフェクトと、主にマスタリング用に設計されているプロセッサの両方が含まれます。役立ちそうなほとんどのプラグインを自由にお使いいただけますので、シグナルパスのどの位置でも、ほとんど制限なくエフェクトをお使いいただけます。

ほとんどのエフェクトは、モノラル、ステレオ、およびデュアルモノチャンネルで使用できます。

エフェクトのカテゴリには、圧縮、ゲーティング、リミッティング、イコライゼーション、メータリングなどに使用する、スタジオに不可欠なプロセッサが網羅されています。ビンテージと現代の両方のスタイルのコンプレッサーをエミュレートできるので、必要とする音響特性を簡単に得ることができます。ダイナミックプロセッサおよびメータリングツールを参照してください。

EQには豊富な選択肢があります。Linear Phase EQはメインとなるボーカルおよび楽器パートの音の整形に最適です。Match EQは既存のオーディオを分析します。分析結果は、音の「指紋」として、ほかのオーディオパートに反映させることができます。Vintage EQコレクションは、独特の音色で知られる3つのアナログEQユニットをエミュレートします。イコライザを参照してください。

作品にさらなる磨きをかけるために、各種のリバーブ、ディレイ、およびモジュレーションエフェクトが総合的にそろっています。この中には、独自のChromaVerbや、高性能でさまざまな設定が可能なDelay DesignerプラグインとSpace Designerプラグインもあります。Delay Designerを使うと、正確で複雑な、リズミカルなディレイを作成できます。Space Designerは、コンサートホールや峡谷といった実在する場所の録音データを使うコンボリューションリバーブです。場所のデータをオーディオに反映させることで、事実上、その場所に楽器やボーカルを置くことができます。リバーブエフェクトおよびディレイエフェクトを参照してください。モジュレーションプロセッサには、フェージング、フランジング、リングモジュレーション、ビンテージのロータリースピーカーのエミュレーション、リッチなコーラスエフェクトなどがあります。詳しくは、モジュレーションエフェクトを参照してください。

ギタリストの方や、往年のB3オルガン、Rhodes、Clavinet、Mellotronといったビンテージ楽器のエミュレーションをお使いの方には、レトロなものから現代的なものにいたるエフェクトペダルとアンプのシミュレーションが豊富に用意されています。詳しくは、アンプとペダルを参照してください。

多数の強力なディストーションエフェクトとフィルタエフェクトにより、さらに選択肢が広がります。フィルタには、ボコーダー風のユーティリティや、サウンドのフォルマントとスペクトル特性を制御できるSpectral Gateプラグインなどがあります。

ほかにも、さまざまなプロセッサやモジュレータを1カ所にまとめた柔軟な、強力で楽しいマルチ・エフェクト・ユニットを利用できます。マルチエフェクトを参照してください。これらはダンスフロア向きの都会的なトラックでの使用に最適ですが、どのようなサウンドでも通過させれば実際に変化させることができます。

Pitch Correction、Pitch Shifter、およびVocal Transformerエフェクトでは、ピッチを操作できます。これらはボーカルと楽器の細かなピッチ補正にも、「シェールエフェクト」風の激しい処理にも使えます。ピッチエフェクトを参照してください。

選りすぐりのMIDIプラグインには、柔軟なアルペジエータ、コードメモライザー、トランスポーザーなどさまざまなものがあります。これらは音源チャンネルに挿入してリアルタイムでMIDIデータを処理できます。独自のMIDI処理(または生成)ユーティリティの作成に興味がおありの方は、Scripterプラグインを使えば独自のJavaScriptプラグインを構築できます。MIDIプラグインを参照してください。

コレクションの最後を締めくくるのは、空間プラグインや周波数増幅プラグインと、テストオシレータなどの便利なスタジオユーティリティです。イメージプロセッサスペシャルエフェクト、およびユーティリティとツールを参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?