MainStage: Chord Triggerを使う

Chord Triggerを使う

Chord Triggerの使いかたは簡単です。モード(SingleまたはMulti)を選択し、コードのトリガ範囲を設定したら、トリガキーを選択して、コードを設定するだけです。また、コードをトランスポーズしたり、すばやく複数のコードを割り当てたりすることができます。これは画面上とMIDIキーボードのどちらからも行うことができます。

コードのトリガ範囲を指定する

コードのトリガ範囲は上段のキーボードに影付きで表示されます。この範囲からのMIDIノートはトリガキーとして解釈され、割り当てられている1つ(シングル・コード・モードの場合)または複数(マルチ・コード・モードの場合)のコードが演奏されます。コードはコードのトリガ範囲内のキーに割り当てることができます。コードのトリガ範囲外にあるMIDIノートは、Chord Triggerの影響を受けずに通過します。これによって、右手でメロディを弾きながら左手では登録したコードをトリガまたはトランスポーズするといったことができます。

図。キーボード範囲を指定する操作。
  • コードのトリガ範囲バーのハンドルを上段のキーボードの上にドラッグして、キーボードの範囲を指定します。

    • シングル・コード・モードの場合: 指定したコードのトリガ範囲内にあるMIDIノートを弾く(または上段のキーボードをクリックする)と、登録したコードが1つ演奏およびトランスポーズされます。トランスポーズは、コードが割り当てられているトリガキーを基準として行われます。たとえば、C2にコードが割り当てられている場合、D2を弾くとコードが半音2つ分上にトランスポーズされます。B1を弾くとコードは半音1つ分下にトランスポーズされます。

    • マルチ・コード・モードの場合: 指定したコードのトリガ範囲内にあるMIDIノートを弾く(または上段のキーボードをクリックする)と、弾いたキーに登録されているコードがトリガされます。コードが割り当てられていないキーを弾くと無音になります。

注記:コードのトリガ範囲が狭められると、範囲の外にある登録コードにはアクセスできなくなりますが、これらのコードは削除されてはいません。コードのトリガ範囲を広げると、これらのコードに再度アクセスできるようになります。

コードのトリガ範囲内にあるコードをトランスポーズする(マルチ・コード・モードのみ)

トリガしたコードをトランスポーズすると便利な場合があります。たとえば、マルチ・コード・モードのときに、コードのトリガ範囲全体を半音2つ分上に移動すると、Cメジャーのコード進行(Cのトリガキーで開始)を、Dのトリガキーで始まるDメジャーに変更できます。

図。コードトランスポーズの操作。
  • コードのトリガ範囲の中央を左または右にドラッグします。

    登録されているすべてのコードがコードのトリガ範囲と共に移動し、自動的にトランスポーズされます。

オクターブ単位でコードをトランスポーズする

  • 「Chord Transpose」ポップアップメニューからオクターブ単位のトランスポーズを選択します。

    登録されているすべてのコードを4オクターブまで上下にトランスポーズできます。

画面上のキーボードを使ってコードをキーに割り当てる

  1. 「Learn」ボタンをクリックします。

    「Learn」ボタンのラベルが「Trigger Key」に変わり、点滅します。

  2. 上段のキーボードのトリガキー(コードのトリガ範囲内にあるキー)をクリックします。

    トリガキーが設定され、コードの割り当てを待機します。「Learn」(Trigger Key)ボタンのラベルが「Chord」に変わります。

  3. 下段のキーボードで、トリガキーに割り当てるノートを1つまたは複数クリックします。

    各ノートをクリックすると、これらのノートと、以前に割り当てたコード内のノートの音が鳴ります。

    割り当てたノートを再度クリックすると、割り当てが解除されるか、コードからこのノートが取り除かれます。

  4. コードの割り当てを終了するには、「Learn」ボタンをクリックします。

上記のステップを繰り返して、マルチ・コード・モードのときに、コードのトリガ範囲内の各キーに異なるコードを割り当てることができます。シングル・コード・モードでは、登録できるのは1つのコードのみです。

MIDIキーボードを使ってコードをキーに割り当てる

MIDIキーボードを使うと、より短い時間でトリガキーにコードを割り当てられる場合があります。割り当てたノートをMIDIキーボードで演奏すると、登録プロセスを開始および停止できます。

  1. 左下にある開閉用三角ボタンをクリックすると、拡張パラメータが開きます。

  2. 「Learn Remote」ポップアップメニューから、「Learn」ボタンのリモート操作に使うMIDIノート番号を選択します。

    MIDIノートによる「Learn」ボタンのリモート操作が不要になったら、「Off」を選択します。

  3. 「Learn」ボタンのリモート操作用に選択したノートをMIDIキーボードで弾きます。

    「Learn」ボタンのラベルが「Trigger Key」に変わり、点滅します。

  4. MIDIキーボードでトリガキー(コードのトリガ範囲内にあるキー)を弾きます。

    これによって、トリガキーがコードの割り当てを待機します。「Learn」(Trigger Key)ボタンのラベルが「Chord」に変わります。

  5. MIDIキーボードで、トリガキーに割り当てるノートを1つまたは複数弾きます。

    各ノートを弾くと、これらのノートと、以前に割り当てたコード内のノートの音が鳴ります。

    割り当てたノートを再度弾くと、割り当てが解除されるか、コードからこのノートが取り除かれます。

  6. 「Learn」ボタンのリモート操作用に選択したノートをMIDIキーボードで弾くと、コードの割り当てが終了します。

上記のステップ3-6を繰り返して、マルチ・コード・モードのときに、コードのトリガ範囲内の各キーに異なるコードを割り当てることができます。シングル・コード・モードでは、登録できるのは1つのコードのみです。

コードの割り当てを消去する

  1. 「Clear」ボタンをクリックします。

    • シングル・コード・モードの場合: 割り当てたコードが消去されます。

    • マルチ・コード・モードの場合: ボタンのラベルが「Trigger Key」に変わり、点滅します。

  2. 上段のキーボードで、消去するトリガキーをクリックします。

    トリガキーに割り当てられたコードが消去されてトリガキーが淡色表示され、トリガキーにコードが1つも割り当てられていないことを示します。

すべてのコードの割り当てを消去する

以下はマルチ・コード・モードの場合にのみ適用されます。

  • Optionキーを押しながら「Clear」ボタンをクリックします。

    すべてのトリガキーに割り当てられているコードが消去されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?