MainStage: EVOC 20 TrackOscillatorの出力パラメータ

EVOC 20 TrackOscillatorの出力パラメータ

出力セクションでは、EVOC 20 TrackOscillatorから送られる信号の種類、ステレオ幅、レベルを制御できます。

図。出力パラメータ。

出力パラメータ

  • 「Signal」ポップアップメニュー: プラグインのメイン出力に送信する信号を選択します。

    • Voc(Vocoder): ボコーダーエフェクトが聞こえます。

    • Syn(Synthesis): シンセサイザーの信号だけが聞こえます。

    • Ana(Analysis): 分析信号だけが聞こえます。

    注記:下から2つの設定は主にモニタ用です。

  • 「Level」スライダ: 出力信号の全体的な音量を設定します。

  • 「Stereo Mode」ポップアップメニュー: 入力/出力モードを選択します。

    • 「s/s」モード(ステレオ入力でステレオ出力)の場合、左右のステレオチャンネルは別々のフィルタバンクで処理されます。

    • 「m/s」モード(モノ入力でステレオ出力)の場合、ステレオ入力信号はまずモノにまとめられてからフィルタバンクに送られます。

  • 「Stereo Width」ノブ: ステレオ空間に合成セクションの各フィルタ帯域の出力信号を配置します。

    • このノブを0の位置まで左に回すと、全帯域の出力信号が中央から聞こえてくるようになります。

    • 中央位置では、すべての帯域の出力が左から右に上昇します。

    • ノブを「full」の位置まで右に回すと、左右のチャンネルから各帯域が交互に出力されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?