MainStage: ES1フィルタを自励発振させる

ES1フィルタを自励発振させる

フィルタのレゾナンスパラメータを増やしていくと、内部でフィードバックがかかり、結果として自励発振が始まります。これによって生成されるサイン波は、聞き取ることができます。

以下の手順を実行して、サイン波を出力させることができます。これにより、フィルタで生成されたサイン波をキーボードで再生できます。

フィルタからサイン波を出力する

  1. 「Sub」ノブを「Off」に切り替えます。

  2. 「Mix」スライダを一番下(「Sub」)までドラッグします。

  3. 「Resonance」スライダを最大の位置(「full」)までドラッグします。

  4. 必要に応じて、左下にある開閉用三角ボタンをクリックして拡張パラメータを表示し、「Filter Boost」ボタンをクリックします。

    「Filter Boost」をオンにすると、フィルタの出力が10デシベルほど上がり、自励発振信号の音量が大幅に上がります。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?