MainStage: Vintage B3の「Rotor Cabinet」ウインドウの概要

Vintage B3の「Rotor Cabinet」ウインドウの概要

ハモンドオルガンを語るにあたり、レスリーが創り出したロータリーキャビネットに触れないわけにはいきません。事実、現在ではこれなしでB3オルガンを演奏する方が、むしろ特殊効果を狙ったものと見なされてしまうほどです。Vintage B3では、スピーカーキャビネット自体をシミュレートするだけでなく、仮想のマイクを別の場所に配置してリスニングポジションを変更することも可能です。

スピーカー・キャビネット・モデルの中には、数学的にシミュレートしたものと、スピーカーの空間特性を録音したものとがあります。後者は、「インパルスレスポンス」と呼ばれます。インパルスレスポンスの詳細については、「Space Designerの概要」を参照してください。レスリー回転式スピーカーキャビネットの概念については、レスリーキャビネットを参照してください。

レスリーの回転速度コントロールは、「Vintage B3」の「Main」ウインドウと「Rotor Cabinet」ウインドウの左下隅にあります。詳細コントロールは、コントロールバーの「Rotor Cabinet」をクリックして中央に表示されるウインドウにあります。

レスリー回転式スピーカーキャビネットの詳細コントロールは、特殊なサウンドやリアルなエミュレーションを作成する場合に役立ちます。キャビネットの詳細パラメータモーターの詳細パラメータ、およびブレーキの詳細パラメータを参照してください。

マイクのパラメータについては、Vintage B3のマイクのパラメータを参照してください。

図。Vintage B3の「Rotor Cabinet」ウインドウの基本パラメータ。

ロータリースピーカーの基本パラメータ

このパラメータは、「Main」ウインドウと「Rotor Cabinet」ウインドウの左下にあります。

  • 「Rotation」スイッチ: 回転速度を「Slow」、「Brake」、および「Fast」の間で切り替えます。

    • Slow: ロータリーがゆっくり動きます。

    • Brake: ロータリーが停止します。

    • Fast: ロータリーが速く動きます。

    注記:ペダルを使ってロータリーの回転速度を制御する場合、ペダルを2秒ほど押し下げてからリリースすると、ロータリーの停止が有効になります。これを繰り返すと、以前に有効だった「Fast」または「Slow」の速度モードに切り替わります。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?