MainStage: HohnerとWurlitzerのモデル

HohnerとWurlitzerのモデル

Hohner Electra Pianoは非常に珍しい楽器で、名前は電子楽器であるRMIのElectrapianoと似ていて、Rhodesと同じくハンマーで発音しますが、鍵盤のアクションはRhodesよりも堅く締まった感触がします。外観は、従来のアコースティックなアップライトピアノに似ています。レッド・ツェッペリンのジョン・ポール・ジョーンズが「Stairway to Heaven」、「Misty Mountain Hop」、および「No Quarter」で演奏しています。

ジュークボックスやオルガンで有名なWurlitzerは、ポップとロックの歴史を語る際に欠かせないエレクトリックピアノも製造しています。Wurlitzerピアノの200シリーズ(200Aや240Vが有名)はRhodesピアノよりも小型で軽く、キーボードは(AからCの)64キーで、アンプとスピーカーを内蔵しています。

ベロシティに反応するハンマーのアクションは、従来のアコースティックピアノに似ています。Wurlitzerのサウンド生成の機構としては、はんだの重量でチューニングできる金属製スプリングのリードを用いています。Wurlitzerは静電気のピックアップを備えています:   リードには0ボルトの電圧がかかっており、150ボルトの電圧がかかった「くし」の歯の間で振動します。1960年代初頭にはじめて製造されたWurlitzerのトーンは、独特な倍音を多く含んでいます。

Wurlitzerサウンドを代名詞のように使ったのが「スーパートランプ」というバンドです。彼らの「Crime of the Century」というアルバムでこのサウンドを聞くことができます。また、ピンク・フロイドのアルバム「The Dark Side of the Moon」や、ビートルズの「I am the Walrus」などでも使われています。

注記:Vintage Electric Pianoの「Funk Piano」モデルは特殊な合成ピアノエンジンのサウンドで、癖の強い低音部が特徴です。実際のWurlitzerサウンドとはかけ離れたものですが、曲作りには役立ちます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?