MainStage: Delay Designerの概要

Delay Designerの概要

Delay Designerはマルチタップディレイです。従来のディレイ装置では、回路にフィードバックできるディレイ(タップ)は1回または2回が限界ですが、Delay Designerでは最大26回まで発生させることができます。これらのタップはすべてソース信号から送られます。タップは編集できるので、独自のディレイ効果を作成できます。

Delay Designerでは、各タップのレベル、パン位置、およびピッチを制御できます。各タップはローパスフィルタまたはハイパスフィルタでフィルタリングすることもできます。

そのほかに、エフェクト全体に関係するパラメータとして、同期、クオンタイズ、およびフィードバックがあります。

Delay Designerという名前が示すように、効果的なサウンドのデザインが可能です。基本的なエコーからオーディオのパターンシーケンサーまで、どのような場面でも使用できます。タップのタイミングと同期させることにより、複雑で展開や動きがあるリズムを作成できます。トランスポーズやフィルタリングと適切に組み合わせれば、音楽の可能性が広がります。また、複数のタップをほかのタップのリピートとして設定できます。これはシンプルなディレイエフェクトでフィードバックコントロールを使用する場合と似ていますが、リピート部分を個別に調節できる点が違います。

図。Delay Designerウインドウ。主なインターフェイス領域が表示されている。

Delay Designerのインターフェイスは、次の5つのセクションで構成されています:

  • メインディスプレイ: すべてのタップがグラフィカルに表示されています。この領域で、各タップのパラメータを表示および編集できます。Delay Designerのメインディスプレイを参照してください。

  • タップ・パラメータ・バー: 選択したタップの現在のパラメータ設定の概要が、数値で表示されます。この領域で、各タップのパラメータを表示および編集できます。Delay Designerのタップ・パラメータ・バーを参照してください。

  • タップパッド: この2つのパッドを使って、Delay Designerでタップを作成できます。Delay Designerでタップを作成するを参照してください。

  • 「Sync」セクション: Delay Designerでの同期およびクオンタイズのパラメータは、すべてこの領域で設定できます。Delay Designerの同期モードを参照してください。

  • マスターセクション: この領域には、ミックスおよびフィードバックのグローバルなパラメータが表示されます。Delay Designerのマスターパラメータを参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?