MainStage: Ultrabeatのグローバル・シーケンサー・コントロール

Ultrabeatのグローバル・シーケンサー・コントロール

すべてのパターンにグローバルに適用されるパラメータは次の通りです。

図。ステップシーケンサーのグローバルパラメータ。

グローバル・シーケンサー・パラメータ

  • オン/オフボタン: ステップシーケンサーのオン/オフを切り替えます。

  • 「Edit」モードスイッチ: 「voice」または「step」モードを選択します。

    • 「voice」モード(デフォルト): 「voice」モードでは、ドラムサウンドのパラメータを編集すると、ドラムサウンド自体が変化します。

    • 「step」モード: 「step」モードでは、1つのステップから次のステップへ、サウンドのパラメータを自動化(オートメーション)できます。Ultrabeatのステップオートメーションの概要を参照してください。

  • トランスポートボタン: シーケンサーパターンを開始したり停止したりします。ステップシーケンサーは常に、ホストアプリケーションのテンポと同期します。

    注記:トランスポートボタンが青色になっている場合、ステップシーケンサーに着信するC-1-B0のMIDIノートは演奏情報として解釈されます。UltrabeatのステップシーケンサーのMIDIコントロールを参照してください。

  • 「swing」ノブ: ノブを回して、スウィング機能がオンになっているすべてのサウンドに対してスウィングの度合いを設定します。Ultrabeatのスウィング機能を使用するを参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?