MainStage: ES2のコントローラを割り当てる

ES2のコントローラを割り当てる

コントローラ割り当て領域では、MIDIキーボードのノブ、スライダ、その他のコントロールをES2パラメータのコントロールソースとして割り当てることができます。Ctrl A - Ctrl Fに対応する6つのメニューがあります。これらのコントロールソースのメニューに表示される任意のMIDIコントローラを使用できます。

これらのパラメータは、それぞれの設定と一緒に保存されます。パラメータがアップデートされるのは、プラグインのインスタンス作成時に読み込まれるデフォルトの設定が使用される場合か、プロジェクトと一緒にパラメータが保存されている場合だけです。このアプローチによって、個々の設定をいちいち編集して保存しなくても、すべてのMIDIコントローラの設定をキーボードで使用できるようになります。

0番および32番コントローラはバンク・セレクト・メッセージ用に予約されています。1番コントローラはルーター内でモジュレーションソースに使用されます。33-63番のコントローラは1-31番コントローラのLSBとして使用されます。64-69番コントローラはペダルメッセージ用に、120-127番コントローラはチャンネル・モード・メッセージ用にそれぞれ予約されています。

MIDIの仕様では、0-31番のすべてのコントローラがMSB(Most Significant Byte)コントローラ定義と呼ばれます。これらの各コントローラ(0-31番)には、LSB(Least Significant Byte)コントローラ定義(32-63番)も含まれます。この2番目のLSBコントローラをMSBコントローラとともに使用することで、7ビットではなく14ビットの分解能で使用できるようになります。ES2はこのコントロール・チェンジ・メッセージを認識できるようになっているので、ブレスやエクスプレッションも正しく扱うことができます。

例:

  • 14ビットコントローラは、通常のCC(コントロールチェンジ)メッセージのペアであり、2番目のCCメッセージ(LSB)の番号は最初のCCメッセージ(MSB)よりも32だけ大きくなります。有効な14ビットのペアには、CC1/33、CC7/39、CC10/42などがあります。

  • 14ビットコントローラの分解能は16,384ステップであるため、プラグインパラメータを非常に正確に制御できます。14ビットペアの最初のCCメッセージ(MSB)は、128ステップの粗い分解能を保持します。これらの各ステップは、2番目のCCメッセージ(LSB)を使って128のサブステップにさらに分割できます。結果として、128 × 128 = 16,384ステップになります。

  • 14ビットコントローラを使用するために、新規または特殊なデータ・タイプを作成する必要はありません。LSBを使って、割り当てられたCCメッセージ(MSB)を補完することで、より高い分解能を達成できます。MIDIコントローラが14ビットメッセージの送信に対応していない場合、ES2で割り当てられたCCメッセージは常に単独で使用できます。この場合、分解能は7ビット(128ステップ)に制限されます。

33-63番のCCをCtrl A-Fのメニューに割り当てることができないのは、14ビット機能が理由です。これらの(LSB)CC番号により、パラメータ範囲の128分の1(別の言いかたをすると16,384ステップ中の連続した128ステップ)が変更されます。

MIDIコントローラを割り当てる

  1. 左下隅にある「MIDI」ボタンをクリックして、コントローラ割り当て領域を表示します。

  2. 「Ctrl A」から「Ctrl F」までの各ポップアップメニューから、使用したいコントローラの名前または番号を選択します。

MIDIコントローラ割り当てを登録する

  1. 左下隅にある「MIDI」ボタンをクリックして、コントローラ割り当て領域を表示します。

  2. コントロールメニュー(Ctrl A - Ctrl F)から「Learn」を選択します。

  3. MIDIキーボードまたはコントローラで、選択したコントローラを動かします。

    注記:適切なMIDIメッセージが20秒以内に受信されなかった場合、選択されたコントロールは前の値/割り当てに戻ります。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?