MainStage: ES2でベースサウンドを作成する

ES2でベースサウンドを作成する

オシレータを複数使わなくても生成できる音もあります。1基のオシレータだけでも、純粋で効果的な音作りは可能です。特にベース音にはこれだけで合成できる音が多く、「Analog Bass clean」設定を使用して、すばやく簡単に合成できます。

ES2で1基のみのオシレータを使って純粋な低音を作成する

「Analog Bass clean」設定で材料となるサウンドは、作りたい音より1オクターブ下の矩形波です。これにフィルタ2を適用します。ここで重要なのは、レガートとグライド(ポルタメント)の設定を組み合わせることです。スタッカートで弾いている場合、ポルタメントはかかりません。レガート奏法にすると、あるノートから次のノートへと滑らかにピッチが変化するようになります。エンベロープが再トリガされるためには、押しているキーを放してから次のキーを押す必要があります。

以下の操作を行います:

  • フィルタやエンベロープの設定をいろいろと変えてみます。

  • 矩形波の代わりにノコギリ波を使います。

  • グライドの設定をいろいろと変えます。

    ヒント:低音部を演奏中に編集するのがベストです。ほとんどのノートをスタッカートで、一部をレガートで演奏した、モノフォニックの低音部を作成または演奏してください。グライドを極端に大きな値にすると、面白い効果が得られるでしょう。

歪んだアナログ低音を作成する

Analog Bass distorted」設定で、フィルタ1の「Drive」および「Distortion」を、大きめに設定して適用します。歪んだアナログ音を生成する場合は、2よりもフィルタ1の方が適しています。

以下の操作を行います:

  • 「Filter」の「Blend」を右端まで移動して、フィルタ2を無効にしてください。フィルタ1によるディストーションの効果がはっきりと聞き取れることに注目してください。

  • フィルタモジュレーションを制御するために、ルーターで1番モジュレーション経路の緑色のスライダを調整します。これによりモジュレーションの強さが制御できます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?