MainStage: Bass Amp Designerのアンプコントロール

Bass Amp Designerのアンプコントロール

アンプパラメータには、チャンネル選択、入力フィルタと入力ゲイン、およびマスター出力用のコントロールがあります。ノブセクションの左端に「Gain」ノブがあり、右端に「Master」ノブと「Output」スライダがあります。

図。アンプパラメータ。

アンプパラメータ

  • チャンネルI/IIスイッチ: チャンネルIとチャンネルIIを切り替えます。

    • チャンネルIはアクティブで、ゲインは0 dBです。

    • チャンネルIIはパッシブで、ゲインは-15 dBです。

  • 「Bright」スイッチ: ノーマルとブライトのいずれかのモードに切り替えます。ブライトの位置では、トーンに高域と中高域が追加されます。

    注記:中域と高域の増加によって、ローエンドがロールオフされているように聴こえる場合があります。ボトムエンドをブーストする必要があると感じられる場合は、「Bass」EQノブを使います。

  • 「Gain」ノブ: 入力信号に適用するプリアンプ処理の量を設定します。「Gain」ノブはアンプモデルによって作用のしかたが異なります。

  • 「Master」ノブ: 増幅された信号のキャビネットへの出力音量を設定します。通常、「Master」レベルを上げると、厚みのある飽和したサウンドとなり、信号がさらに歪んで音量が大きくなります。

    注記:たとえば、「Cabinet」ポップアップメニューから「Direct (PowerAmp Out)」を選択すると、出力信号はアンプとダイレクトボックスのミックス用フェーダーに直接送られます。ただし、「Cabinet」ポップアップメニューから「Direct (PreAmp Out)」を選択すると、出力信号がアンプとダイレクトボックスのミックス用フェーダーに送られる前に、「Master」ノブがプリアンプのマスター・ゲイン・コントロールとして働きます。

  • 「Output」スライダ: Bass Amp Designerの最終的な出力レベルを設定します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?