MainStage: Vintage Clavの「String」パラメータ

Vintage Clavの「String」パラメータ

選択したモデルによって弦の基本的な品質が決まり、「String」の各パラメータの動作および効果に非常に大きな影響を及ぼします。これは、主にモデルごとに含まれる倍音成分が異なるためです。

図。Vintage Clavの「String」パラメータ。

弦パラメータ

  • 「Release」スライダ/フィールド: 演奏したノートのディケイフェーズ後の、弦のリリース時間を設定します。「Release」を正の値にすると、キーを放した後のリリース時間が長くなります。

  • 「Damping」スライダ/フィールド: 弦のダンピングを変更します。ダンピングとは、サウンドに含まれる高次の倍音が急速に減衰することを言います。その特性は弦の材質と密接な関連があります(ガット弦のダンピングが最も高く、ナイロン弦では中位、スチール弦では低くなります)。モデルにもよりますが、ダンピングによってサウンドがよりメロウで丸く、ウッディな響きになります。正の値にすると、柔らかい響きになります。「Damping」を負の値にすると、高次の倍音成分が増えて明るい響きになります。

  • 「Stiffness/Inharmonicity」スライダ/フィールド: 基音の整数倍から外れた倍音を増減します。これらのパラメータをさまざまな値に設定することによって、メタリックなベル風のサウンドやDXのようなエレクトリックピアノのサウンドを作り出すことができます。また、「Stiffness」と「Inharmonicity」はウッドベースの音を作る場合にも便利です。

    • 「Inharmonicity」パラメータでは、最も低い倍音(倍音のしきい値)を設定します。このしきい値より上の不協和成分は、周波数スペクトル全体に広げられます。

    • 「Stiffness」パラメータでは、「Inharmonicity」スライダで設定したスペクトルの広がりの度合いを調整します。

      注記:基本的なノートピッチは、「Stiffness」および「Inharmonicity」パラメータの影響を受けません。

  • 「Tension Mod」スライダ/フィールド: 弦を爪弾いたりかき鳴らした直後、若干上向きのピッチ・ベンド・エフェクトがかかります。このタイプのモジュレーションは、D6、ギターなど、弦を使用する楽器で共通のものです。定義済みのテンションモジュレーションの特性は各モデルに反映されていますが、「Tension Mod」パラメータで調整できます。このパラメータの影響は非常に強く、Vintage Clavに奇妙なサウンドエフェクトをかけることもできます。このほか、チューニングの外れたクラビネットや、シタールのような音をシミュレートすることもできます。

  • 「Pitch Fall」スライダ/フィールド: キーを放した直後に各ノートのピッチが下降するというD6の特性の強さを設定します。これは、D6の物理的な構造が原因です。このエフェクトの度合いはモデルごとに異なりますが、「Pitch Fall」を左端に設定することで完全に無効にできます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?