MainStage: サウンドとEXSインストゥルメントをUltrabeatに読み込む

サウンドとEXSインストゥルメントをUltrabeatに読み込む

Ultrabeatでは、オーディオサンプルや独自の設定を読み込むだけではなく、EXSインストゥルメントを直接読み込むこともできます。これにより、EXSインストゥルメント用の高度なサウンドデザインやリズム処理オプションを利用できるだけでなく、分かりやすいドラム・ミキサー・レイアウトを使ったEXSドラムキットの演奏および制御が可能になります。

サウンドとシーケンスのUltrabeatへの読み込みには、次の2つの要素を使用します:

  • 「import」ボタン: 読み込みたいサウンドまたはシーケンスを含むキットを選択します。

  • 「import」リストボタン: 「import」リストの表示/非表示を切り替えます。表示した後はUltrabeatの設定またはEXSインストゥルメントから有効なキットにドラムサウンドやシーケンスを追加できます。

「import」リストでUltrabeatの設定またはEXSインストゥルメントを開く

  1. 「import」ボタンをクリックします。

    図。「import」ボタン。
  2. ダイアログで、ソースとなるUltrabeat設定またはEXSサンプラー音源を選択し、「開く」をクリックします。

    選択した設定に含まれるすべてのサウンドのリスト、またはEXSインストゥルメント内のサンプルが、アサインメントセクションのミキサーの右側に表示されます。

    図。アサインメントセクションと「import」リストに表示されるサウンドのリスト。

サウンドをドラムキットにドラッグする

  • 「import」リストからミキサーセクションの目的の行にサウンド名をドラッグします。

    注記:Commandキーを押したままドラッグすると、すべてのシーケンスを含めることができます。

ショートカットメニューのコマンドを使ってサウンドを転送する

  1. 「import」リストでサウンド名をControlキーを押したままクリック(または右クリック)し、ショートカットメニューから「Copy (Voice & Seq)」を選択します。

    選択したサウンドおよびそのシーケンスがクリップボードにコピーされます。

  2. 現在のドラムキット内の置き換えたいサウンドをControlキーを押したままクリックするか、右クリックし、表示されたショートカットメニューで次のコマンドを選択します:

    • Paste Voice: 既存のシーケンスは置き換わらずに、選択したサウンドがクリップボードのサウンドに置き換わります。

    • 「Paste Sequence」>(サブメニュー): 対象のドラムサウンドのシーケンスをすべて(または1つずつ)置き換えることができるサブメニューが開きます。サウンドのパラメータは影響を受けません。

      シーケンスを1つペーストすると、対象のドラムサウンドの現在有効なシーケンス(「pattern」メニューで設定します)が置き換わります。これにより、24の任意のパターン位置にシーケンスをコピーできます。

    • Swap with Clipboard: 選択したサウンド(および関連シーケンス)がクリップボードのサウンドに置き換わります。

EXSインストゥルメントをUltrabeatに読み込む

  • EXSインストゥルメントのファイル名をFinderから直接アサインメントセクションにドラッグします。

    Ultrabeatは、できる限り忠実にEXSレイアウトを再現します。レイヤー構造のEXSゾーンは、オシレータ2のサンプル再生モードを使ってレイヤー型ドラムサウンドとして設定されます。Ultrabeatオシレータ2の「sample」モードを使用するを参照してください。

    注記:EXSインストゥルメントにサウンド(サンプル)が26以上含まれている場合、この方法では、EXSインストゥルメントをページ単位で切り替えて表示することはできません。Ultrabeatでは、ドラムサウンド内に存在するC1-C3の範囲のサンプルゾーンとレイヤーだけがマッピングされます。ほかのサンプル(ゾーン)はすべて無視されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?