MainStage: Alchemyのモジュレーションの概要

Alchemyのモジュレーションの概要

モジュレーションコンポーネントは詳細表示でのみ表示されます。詳細表示に切り替えるには、「Advanced」ボタンをクリックします。

Alchemyには、使いやすく機能が豊富なモジュラー・モジュレーション・システムが備わっています。モジュレーションラックは左側に表示されます。Alchemyのモジュレーションラックのコントロールを参照してください。モジュレータ・コントロール・パネルはディスプレイの中央部分にあります。この領域は動的にアップデートされ、選択したパラメータのモジュレーションソースを表示します。

  • モジュレータパネルのタイプボタン: クリックすると、設定が表示され、各モジュレーションソースのコントロールを調整できます。

注記:一部のモジュレーションタイプ、つまり「MIDI」、「Note Property」、「Perform」コントロールモジュレータには、モジュレーションセクションの中央にコントロールパネルがありません。これらのモジュレータはモジュレーションラックのメニュー項目で設定します。

図。モジュレーションラック、モジュレータのコントロールパネルのボタン、AHDSRコントロールパネルが表示されたモジュレーションセクション。

Alchemyのインターフェイスの各ノブはほとんどがモジュレーションのターゲットであり、10ものモジュレータでモジュレートできるパラメータを表しています。これにはボイスパラメータだけでなくエフェクト、アルペジエータ、演奏も含まれ、ほかのモジュレーションパラメータをモジュレーションターゲットにすることもできます。各モジュレーション・ラック・エントリーの深度(ターゲットに影響する量)は最大5つの追加のモジュレーションソースでモジュレートできます。各モジュレーション深度のモジュレーションエントリーは、追加のモジュレーションソースでさらにモジュレートできます。

注記:ビブラートなどのモジュレーションの量がエンベロープ、MSEG、またはチャンネルプレッシャーによって制御されている場合などには、モジュレーションのレイヤーの追加が役立ちます。モジュレーションの3番目のレイヤーは、ベロシティまたはモジュレーションホイールを割り当てることで、先行するモジュレーションレイヤーに表現力を加えるために特に役立ちます。

パラメータが1つまたは複数のモジュレータのターゲットである場合、ノブの値を示す青い線の外側にモジュレーションを示すオレンジ色の線が表示されます。これは、ノブが有効なモジュレーションターゲットであることを示し、モジュレーションの範囲を表しています。モーフィング対象のパラメータにモジュレーションを割り当てると、そのコントロールの周りに緑色とオレンジ色の両方の線が表示されます。

注記:直前にクリックしたノブは青色で強調表示されるため、現在のターゲットを容易に見つけることができます。たとえばソースAのサブページからソースBのサブページに切り替えると、新しいサブページの対応するノブに強調表示が移ります。これによって、複数のソースに対する「Fine Tune」などのパラメータにすばやくモジュレーションを割り当てることができます。

各モジュレーションタイプについては、関連するセクションで説明されています。「MIDI」コントロール、「Note Property」、および「Perform」コントロールモジュレータには、グラフィカルなコントロールパネルがありません。

パラメータに割り当てたモジュレーションを表示する/編集する

  • パラメータノブをクリックします。

    モジュレーションセクションの左上にある「Target」ポップアップメニューにパラメータ名が表示されます。「Target」ポップアップメニューの真下には、最大10のスロット(デフォルトで1つが表示されています)を搭載できるモジュレーションラックがあります。別のノブをクリックすると、モジュレーションラックがアップデートされて新しい選択内容が反映されます。Alchemyのモジュレーションラックのコントロールを参照してください。

モジュレーションソースのショートカットメニューを使用する

  • Controlキーを押したままモジュレーションターゲットのノブ(フィルタの「Cutoff」など)をクリックして、ショートカットメニューからコマンドを選択します。

    • Add modulation: サブメニューから選択して新しいモジュレータを割り当てます。モジュレーションラックの最初の空きスロットに新しいモジュレーションの割り当てが表示されます。

    • Clear modulation: ノブからすべてのモジュレーションを削除し、モジュレーションラックを空にします。

    • Copy modulation: 現在割り当てられているすべてのモジュレータについての情報をクリップボードにコピーします。

    • Paste modulation: モジュレータについての情報すべてをクリップボードからペーストします。コピー&ペーストコマンドを使用すると、複数のターゲットに同じモジュレーションをすばやく割り当てることができます。

モジュレーションラックを使用して基本的なモジュレーションを割り当てる

ショートカットメニューの代わりに、モジュレーションラック内のターゲットにモジュレーションソースを割り当てることができます。この例ではLFO 1モジュレーションソースをソースAの音量ターゲットに割り当てます。以下の手順はほかのモジュレーションソースおよびターゲットにも同様に適用できます。Alchemyのモジュレーションラックのコントロールを参照してください。

  1. 名前バーで、「File」をクリックし、「Initialize Preset」を選択してプリセットを初期化します。

    ノートを弾くと、デフォルトのノコギリ波の音が鳴ります。

  2. ソースセクションで、ソースAの「Vol」ノブをクリックします。モジュレーションセクションでは、「Target」ポップアップメニューの表示が「Vol A」に変わります。

  3. モジュレーションラックの一番上のスロットをクリックし、ポップアップメニューから「LFO」>「LFO 1」と選択します。「LFO」ボタンをクリックして、モジュレーションラックの右側の領域にLFOのコントロールを表示します。

  4. ソースAの音量がLFO 1によってモジュレートされているため、ノートを押さえるとトレモロエフェクトが聴こえます。LFOの「Rate」設定を変更してエフェクトの速度を調整します。

  5. 「LFO 1」の下のスロットを使用して、ラックに別のモジュレータを追加してみましょう。

    注記:プリセットの各コントロールには、タイプを問わず最大10の異なるモジュレータを割り当てることができます。

基本的なモジュレーションを変更する

先ほどの例では、LFO 1でソースAの「Vol」ノブをモジュレートすることでトレモロエフェクトを作成しました。この例では、LFO 1のレートをKeyFollowでモジュレートすることで、基本的なモジュレーションをさらに展開します。これによって、高いノートを弾くほどトレモロエフェクトが速くなります。この例は、AHDSRのアタック時間など、ほかのモジュレータパラメータを使用した作業にも適用できます。

  1. Controlキーを押したままLFO 1の「Rate」ノブをクリックして、ショートカットメニューから「Add Modulation」>「Note Property」>「KeyFollow」と選択します。

    「Target」ポップアップメニューに「LFO 1 Rate」が表示されます。また、モジュレーションラックの最初のスロットにKeyFollowが表示されます。

  2. さまざまな高さのノートを弾いて、LFOレートに対するKeyFollowのエフェクトを聴いてみましょう。このエフェクトが効きすぎている場合は、モジュレーションラックの最初のスロットの右側に表示されている「Depth」ノブの値を下げます。Alchemyのモジュレーションラックのコントロールを参照してください。

モジュレーションの強さを調整する

各モジュレータには「Depth」コントロールがあり、各「Depth」コントロールは自身をモジュレータに割り当てることができます。モジュレータは自身の深度をモジュレートするよう設定することもできます。モジュレーションソースには最大5つの深度モジュレータを割り当てることができます。Alchemyのモジュレーションラックのコントロールを参照してください。

  1. Controlキーを押したままモジュレーションラックの「Depth」コントロールをクリックして、ショートカットメニューから「Edit Modulation」を選択します。

    「Target」ポップアップメニューに「Depth」コントロールの名前が表示されます。たとえば、「LFO 1 Rate Depth 1」は「Depth」ターゲットの最初のモジュレータを示します(「LFO Rate 1」ターゲットをモジュレートしています)。

  2. ラックに1つまたは複数のモジュレータを追加します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?