MainStage: Stereo Spread

Stereo Spread

通常、Stereo Spreadはマスタリングに使われます。ステレオベース(空間の感覚)を広げるには、リバーブなどのエフェクトを使用する、信号の位相を変えるといった方法があります。これらの方法は効果的ではありますが、トランジェントレスポンスが発生して、ミックスにおける全体的なサウンドが弱くなってしまうなどの問題が生じがちです。

Stereo Spreadでは、中音域をいくつかの周波数帯域(数は可変)に分け、左チャンネルと右チャンネルに振り分けることによって、ステレオベースを広げます。中音域を左チャンネルに、中音域を右チャンネルにというように、交互に振り分けがなされます。特にモノラル録音の素材にステレオ効果を与える場合、ほとんど違和感のない出力が得られます。

図。Stereo Spreadウインドウ

Stereo Spreadのパラメータ

  • 「Lower Int.」スライダ/フィールド: 低周波数帯でのステレオベースの広がりを設定します。

  • 「Upper Int.」スライダ/フィールド: 高周波数帯でのステレオベースの広がりを設定します。

    注記:「Lower Int.」と「Upper Int.」スライダを設定するときは、ステレオ効果がよく現れるのは中音域から高音域であることを覚えておいてください。低周波数帯を左右のスピーカーに振り分けると、ミックス全体の勢いが失われてしまうことがあります。「Lower Int.」パラメータの値は低めに抑え、「Lower Freq.」パラメータの設定は300 Hz以上にすることをお勧めします。

  • グラフィックディスプレイ: 信号を分割する周波数帯の数と、高周波数帯/低周波数帯でのエフェクトの強さが表示されます。上半分は左チャンネルを表します。下半分は右チャンネルを表します。周波数スケールは右に行くほど高くなっています。

  • 「Upper/Lower Frequency」スライダ/フィールド: ステレオイメージに戻される周波数の上限と下限を設定します。

  • 「Order」ノブ/フィールド: 信号をいくつの周波数帯に分割するかを設定します。通常、ほとんどの作業では8つの周波数帯で十分ですが、最大12の周波数帯まで分割することができます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?