MainStage: GoldVerbのリバーブパラメータ

GoldVerbのリバーブパラメータ

GoldVerbには、以下のリバーブパラメータがあります。

図。リバーブパラメータ。

GoldVerbのリバーブパラメータ

  • 「Initial Delay」スライダ/フィールド: 原音信号と拡散したリバーブテイルとの時間間隔を設定します。自然で違和感のないリバーブを作るには、初期反射音とリバーブテイルの間をできるだけ切れ目なくスムーズにする必要があります。初期反射音とリバーブテイルの切れ目が目立たなくなるように、「Initial Delay」パラメータを設定してください。

  • 「Spread」スライダ/フィールド: リバーブのステレオイメージの幅を制御します。0 %では、モノラルのリバーブが生成されます。200 %では、ステレオベースが人工的に拡張されます。

  • 「High Cut」ノブ/フィールド: リバーブ信号からフィルタ除去する高周波のしきい値を設定します。この値よりも高い周波数が除去されます。でこぼこした面や吸収性の面(壁紙、ウッドパネル、カーペットなど)は、高い周波数よりも低い周波数を反射する傾向があります。「High Cut」フィルタは、この効果を模倣します。「High Cut」フィルタを最大値に設定すると、石材やガラスで反響したようなリバーブになります。

  • 「Density」ノブ/フィールド: 拡散したリバーブテイルの密度を制御します。通常、信号はできるだけ高い密度に設定されます。ただし、「Density」の値を高く設定すると、まれにサウンドに影響が出る場合があります。この場合、「Density」ノブの値を下げれば解決できます。逆に、「Density」の値を低くしすぎると、リバーブテイルが荒々しく聞こえます。

  • 「Reverb Time」ノブ/フィールド: リバーブレベルが60 dB下がるまでの時間を設定します。この時間はよく「RT60」と呼ばれます。一般的な部屋では、リバーブ時間は1-3秒と短めになります。リバーブ時間は、カーペットやカーテンなどの吸収性の面や、ソファ、肘掛け椅子、戸棚、机などの音を通さない家具によって減少します。広くて障害物がないホールや教会でのリバーブ時間は8秒にもなり、洞窟や大聖堂のような場所はこの値をさらに上回ります。

  • 「Diffusion」スライダ/フィールド(拡張パラメータ領域): リバーブテイルの拡散を設定します。「Diffusion」の値を高くすると密度が均一化され、拡散したリバーブ信号全体でレベル、時間およびパノラマ位置がほとんど変動しなくなります。「Diffusion」の値を低くすると、反響の密度が、不均一に、粗くなります。これはステレオスペクトルにも影響します。「Density」と同様、信号に最適なバランスを見つけてください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?