MainStage: EXS24 mkIIのゾーンパラメータ

EXS24 mkIIのゾーンパラメータ

ゾーンパラメータを設定することによって、サンプラー音源の各ゾーン(サンプル)をきめ細かく調整できます。

図。ゾーン・パラメータ・カラムが表示されたインストゥルメントエディタ。

ゾーンパラメータ

  • 「ゾーン」の「名前」フィールド: ゾーン名を表示します。新規ゾーンの名前には、連続した番号が自動的に割り当てられます。ゾーンの番号をクリックすると、ゾーンに任意の名前を付けることができます。

  • 「オーディオファイル」メニュー: オーディオファイル名を表示します。名前の上にポインタを移動すると、詳しい情報(フォーマット、ビット数、サンプルレートなど)がヘルプタグに表示されます。ヘルプタグに絶対パスを表示するには、ヘルプタグの表示前にCommandキーを押します。三角形のボタンをクリックするとショートカットメニューが表示され、次のコマンドを実行できます:

    • オーディオサンプルを読み込む: ダイアログが開き、オーディオファイルを選択できます。デフォルトのキーコマンド:  Control+F。

    • Finderに表示: 読み込んだオーディオファイルの絶対パスをFinderで表示します。

    ヒント:「オーディオファイル」>「名前」カラムでサンプルの名前をダブルクリックすると、オーディオファイルがLogic Pro Xのオーディオ・ファイル・エディタで開きます。オーディオファイルが読み込まれていない場合は、オーディオファイルの選択ダイアログボックスが表示されます。

  • 「ピッチ」フィールド: 「キー」では、サンプルのルートノート(サンプルが本来のピッチで再生されたときのノート)を指定します。「粗調整」フィールドと「微調整」フィールドを使用して、それぞれ半音単位/セント単位でサンプルをチューニングします。

  • 「音量」フィールド: ゾーンの全体の出力レベルを調整します。

  • 「パン」フィールド: ゾーンのパン位置を調整します。このパラメータはEXS24 mkIIをステレオで使用している場合のみ有効です。

  • 「スケール」フィールド: 選択したキー範囲全体でサンプルのレベルのバランスを取ります。負の値を入力すると、低いノートの方が、高いノートよりも小さな音量になります。正の値を入力すると、反対の効果が得られます。

  • 「Output」メニュー: ゾーンで使用する出力を設定します。「Main」出力、チャンネルのペア、または個別の出力から選択できます。そのため、ゾーンをAuxチャンネルストリップに個別にルーティングできます(マルチ出力のEXS24 mkIIインスタンスの場合)。

  • 「キーの範囲」フィールド: 2つのパラメータでゾーンのキー範囲を指定します。このキー範囲以外のノートを演奏しても、ゾーンに割り当てられたサンプルはトリガされません。

    • 低: ゾーンの最も低いノートを設定します。

    • 高: ゾーンの最も高いノートを設定します。

  • 「ピッチ」チェックボックス: クリックすると、異なるキーでサンプルがトリガされたときにピッチが変化します。このチェックボックスの選択を解除すると、どのノートを演奏してもサンプルは本来のピッチのまま再生されます。

  • 「ワンショット」チェックボックス: クリックすると、ゾーンでは受信したMIDIノートイベントの長さが無視され、ノートオンイベントを受信したときは常にサンプルが先頭から最後まで再生されます。これはドラムのサンプルなど、MIDIノートの長さに応じてサンプル再生の長さが変化するのを避けたい場合に選択します。後述する「フェード」フィールドパラメータについても参照してください。

  • 「逆方向」チェックボックス: クリックすると、サンプルが最後から先頭へと再生されます。

  • 「Anchor」フィールド: サンプルの再生をプロジェクトの前の方でトリガする値を設定します。つまり、再生時に先が予測され、サンプルの再生が「Anchor」フィールドで設定された量だけ前倒しされます。サンプルが早い位置から再生されるため、アンカーが正確にノートのダウンビートの位置に設定されます。サンプルのアンカーは、サンプルの先頭より後ろの位置にリズムアンカーがあるシェーカーなどの楽器で便利です。

    注記:「Anchor」フィールドの値は、サンプルのシーケンス再生にのみ影響します。キーボードでのライブ演奏ではサンプルがアンカーポイントでトリガされるため、それより前のサンプルデータは再生されません。

  • 「Group」メニュー: ゾーンがどのグループに割り当てられているのかを表示します。詳細については、EXS24 mkIIのグループを作成するおよびEXS24 mkIIのグループパラメータを参照してください。

  • 「ベロシティの範囲」チェックボックスとフィールド: このチェックボックスをクリックするとゾーンの音が鳴るベロシティ範囲を定義できます。このベロシティ範囲以外のノートを演奏しても、ゾーンに割り当てられたサンプルはトリガされません。

    • 低: ゾーンをトリガする最小ベロシティを設定します。

    • 高: ゾーンをトリガする最大ベロシティを設定します。

  • 「サンプル」の「開始」/「終了」フィールド: それぞれサンプルの開始位置と終了位置を設定します。いずれかのフィールドをControlキーを押しながらクリックすると、Logic Pro Xのオーディオ・ファイル・エディタ(または外部エディタ)でサンプルを開くためのショートカットメニューが表示されます。エディタを使うと、開始位置と終了位置をグラフィカルに設定できます。Logic Pro Xのオーディオ・ファイル・エディタでサンプルを編集するまたはEXS24 mkIIで外部インストゥルメントエディタを使うを参照してください。

  • 「フェード」フィールド: ワンショットサンプルのフェードアウト時間を指定します。値はサンプルに示されます。このフィールドで指定する値と「終了」フィールドに示される値の差により、フェードアウトする時間が決まります。小さい値を指定すると、サンプルが0レベル(サンプルの終了位置)になるまでの時間が長くなります。「ループ」の「オン」チェックボックスが選択されている場合、このオプションは使用できません。EXS24 mkIIのゾーンのループパラメータを参照してください。

    注記:このパラメータのデフォルト値は0です。ただしLogic Pro Xの「オーディオ」>「リージョンを新規サンプラートラックに変換」コマンドを使用してサンプラー音源を作成した場合は異なります。この機能ではトランジェントマーカーを使用しており、デフォルトの「フェード」フィールド値は、次のトランジェントマーカーのスライスオフセットに一致します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?