MainStage: Phat FXのモジュレータ

Phat FXのモジュレータ

Phat FXのモジュレータでは、Phat FXのプロセッサのパラメータを自動的にコントロールできます。Phat FXのすべてのモジュレータのパラメータについて、以下の各セクションで説明します。

図。Phat FXのモジュレータ。

モジュレータのパラメータを変更すると、ターゲットパラメータのノブの周囲にある青いリングと点に反映されるため、モジュレートされるターゲットパラメータを容易に識別できます。リングは範囲(モジュレーション深度)、点はモジュレータの現在の値を示します。XYパッドでのリアルタイムの手動モジュレーションでも、ターゲットパラメータが同じように示されます。

図。Phat FXのフィルタパラメータ。青色のモジュレーション範囲と、現在のモジュレーション位置を示すインジケータが表示されています。

エンベロープフォロワーパラメータ

エンベロープフォロワーは入力信号のレベルを追跡し、Phat FXのほかのパラメータのモジュレーションに使用される制御信号を生成します。

エンベロープフォロワーの一般的な用途は、フィルタパラメータの制御に使用されるサイドチェーン入力信号の追跡です。

  • オン/オフボタン: エンベロープフォロワーを有効/無効にします。

  • 「Target」ポップアップメニュー: モジュレーションのターゲットを、任意の有効なエフェクトプロセッサまたはマスターコントロールから選択します。

  • 「Attack」ノブ: 上昇する信号レベル(トランジェント)に対するエンベロープフォロワーの反応速度を指定します。

    この「Attack」時間の値を大きめにすると、入力信号の変化(レベルのスパイク)にゆっくりと追従するようになります。話し声やハイハットなどパーカッシブな要素を持つ入力信号の場合、「Attack」の値が大きすぎると、分析の精度が下がってしまいます。

  • 「Release」ノブ: トランジェントのスパイク後に下降する信号レベルに対するエンベロープフォロワーの反応速度を指定します。

    この「Release」時間の値を大きめにすると、分析する入力信号のレベルが落ちても、エンベロープフォロワーの出力にしばらくの間その影響が残るようになります。話し声やハイハットなどパーカッシブな要素を持つ入力信号の場合、「Release」の値が大きすぎると、分析の精度が下がってしまいます。ただしリリース時間が短すぎても、選択したモジュレーションターゲットによっては不安定な音になります。

  • 「Depth」ノブ: モジュレーションの量を設定します。これによって、エンベロープフォロワーから送信される制御信号の強さが決まります。

    サイン波、ホワイトノイズ、または頻繁に0 dBに達する(かつ「Attack」が0に設定されている)別の信号があるときに値を100%にすると、出力信号が最大量に達します。ただし、ほとんどの信号はこれより小さく、0 dBに達しないため、「Depth」ノブの範囲を広くして100% 〜1000%に設定すると、小さい信号でもエンベロープエフェクトの感度を十分に確保できます。エンベロープフォロワーを使用するプリセットを読み込むときは、「Depth」パラメータのさまざまな値を試すことをお勧めします。

LFO 1/LFO 2のパラメータ:

  • オン/オフボタン: LFO 1またはLFO 2を有効/無効にします。

  • 「Waveform」ポップアップメニュー: LFO 1またはLFO 2で使用する波形の種類を設定します。

  • 「Target」ポップアップメニュー: モジュレーションのターゲットを、任意の有効なエフェクトプロセッサ、あるいはLFO 1またはLFO 2のマスターコントロールから選択します。

  • LFO Rateノブ/フィールド: LFO 1またはLFO 2のモジュレーション速度を設定します。値の単位はヘルツ(1秒あたりのサイクル数)です。「Sync」ボタンがオンのときは、小節/拍の値(ホストのテンポと同期します)が表示されます。

  • 「Sync」ボタン: LFO 1またはLFO 2のホストアプリケーションとの同期を有効/無効にします。

    注記:小節値を同期して使えるため、1小節のパーカッションパートをサイクルさせて、4小節ごとにフィルタスウィープを実行するなどの使いかたができます。また、同じパート内で、8分音符の3連符ごとに同じフィルタスウィープを実行することもできます。いずれの方法も面白い効果が得られます。

  • 「Depth」ノブ: LFO 1またはLFO 2のモジュレーションの量を設定します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?