MainStage: チャンネル・ストリップ・インスペクタの概要

チャンネル・ストリップ・インスペクタの概要

チャンネルストリップのパラメータは、チャンネル・ストリップ・インスペクタで編集します。チャンネル・ストリップ・インスペクタは、「チャンネルストリップ」領域でチャンネルストリップが選択されているときにワークスペースの下に表示されます。これらのパラメータで以下のことができます:

チャンネル・ストリップ・インスペクタの4つのタブには、以下の機能があります:

  • チャンネル・ストリップ・ライブラリ: すべてのチャンネルストリップ設定のライブラリです。

  • 属性: チャンネルストリップの名前、カラー、アイコンを変更できます。

  • レイヤーエディタ: このタブではキーボードのレイヤーとスプリットを作成できます。キーボードのレイヤーとスプリットについて詳しくは、レイヤーとスプリットの概要を参照してください。アーティキュレーションセットを選択したり、アーティキュレーション・セット・エディタにアクセスしたりすることもできます。アーティキュレーションセットについて詳しくは、アーティキュレーション・セット・エディタでアーティキュレーションを管理するを参照してください。

  • MIDI入力: グラフとコントローラのトランスフォーム領域を使って、MIDI入力キーボードからのデータを選択したりトランスフォームしたりできます。

「チャンネル・ストリップ・ライブラリ」を使うと、利用できる任意のチャンネルストリップにアクセスできます。ただし、プラグイン(特にSpace Designer)などの一部のチャンネルストリップはCPUを大量に消費するので、ライブパフォーマンスには適していません。こうしたチャンネルストリップを使うと、オーディオのドロップアウトなどの問題が発生し、コンサートでのパフォーマンスに悪影響をおよぼすおそれがあります。

サラウンド・エフェクト・プラグインは「MainStage」では使用できません。サラウンドエフェクトを追加したチャンネルストリップ設定を選択すると、使用されないエフェクトが無効表示されます(グレイ表示になり、エフェクト名に斜線が引かれます)。

チャンネル・ストリップ・インスペクタを開く

  1. ツールバーの「編集」ボタンをクリックするか、「表示」メニューから「編集」を選択するか、キーコマンドを使って、「編集」モードに切り替えます。

  2. 「表示」メニューから「インスペクタを表示」を選択します。インスペクタがすでに表示されている場合は、この手順をスキップできます。

  3. 「チャンネルストリップ」領域で、チャンネルストリップを選択します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?