MainStage: 「Auto Wah」パラメータ

「Auto Wah」パラメータ

これらのパラメータは、ワウエフェクトのトーンと動作を指定します。

「Auto Wah」機能を使ってもワウエフェクトを操作できます。この機能を使うと、範囲全体に継続的にフィルタスイープが実行されます。ワウスイープはMIDIフットペダルなどのコントローラを使用して制御することもできます。

図。「Wah」パラメータ

「Auto Wah」パラメータ

  • オン/オフボタン: Auto Wahエフェクトのオン/オフを切り替えます。

  • ワウ・タイプ・ポップアップメニュー: ワウエフェクトのタイプを選択します。

    • Classic Wah: 軽いピーク特性を持つ一般的なワウペダルのサウンドを再現します。

    • Retro Wah: 一般的なビンテージ・ワウ・ペダルのサウンドを再現します。

    • Modern Wah: Q(Quality)値の設定が一定のディストーション・ワウ・ペダルのサウンドを再現します。Qによって共振特性が決まります。低いQ値では、影響を受ける周波数範囲が広くなり、柔らかい響きになります。高いQ値では、影響を受ける周波数範囲が狭くなり、鋭い響きになります。

    • Opto Wah 1: Q(Quality)値の設定が一定のディストーション・ワウ・ペダルのサウンドを再現します。

    • Opto Wah 2: Q(Quality)値の設定が一定のディストーション・ワウ・ペダルのサウンドを再現します。

    • Resonant LP: このモードでは、ワウがレゾナンス効果付きのローパスフィルタとして動作します。ペダル位置を最小にすれば、低周波成分のみが通過します。

    • Resonant HP: このモードでは、ワウがレゾナンス効果付きのハイパスフィルタとして動作します。ペダル位置を最大にすれば、高周波成分のみが通過します。

    • Peak: このモードでは、ワウがレゾナンス効果付きのピーク(ベル)フィルタとして動作します。カットオフ周波数付近の周波数が強調されます。

  • 「Auto Gain」ボタン: 出力信号のダイナミックレンジを制限します。ワウエフェクトを使うと出力レベルの変動が大きくなる可能性があります。「Auto Gain」はこの特性を補正し、出力信号を安定的な範囲内に維持します。

  • 「Relative Q」ノブ/フィールド: メイン・フィルタ・ピークを調整します。ワウスイープをよりシャープ/ソフトにすることができます。

  • 「Wah Level」レベルノブ/フィールド: ワウフィルタをかける信号の量を設定します。

  • 「Depth」ノブ/フィールド: 「Auto Wah」エフェクトの深さを設定します。0に設定すると、自動ワウ機能は無効になります。

  • 「Attack」ノブ/フィールド: ワウフィルタが完全に開くまでの時間を設定します。

  • 「Release」ノブ/フィールド: ワウフィルタが閉じるまでの時間を設定します。

  • 「Range」スライダ/フィールド: MIDIペダルでワウフィルタをスイープさせます。2つの小さなスライダでスイープ範囲の最大値と最小値を設定します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?