MainStage: Modulator MIDIプラグインのエンベロープ

Modulator MIDIプラグインのエンベロープ
図。Modulatorエンベロープのパラメータ。

モジュレーションエンベロープのパラメータ

  • エンベロープ・オン/オフ・ボタン: エンベロープのオン/オフを切り替えます。

  • エンベロープディスプレイ: 現在のエンベロープの形状を表示します。ディスプレイ内のハンドルをドラッグすると、以下のパラメータを設定できます:

    • Delay: エンベロープの冒頭を遅らせます。値の範囲は0-10秒です。

    • Attack: サスティンレベルに達するまでの時間を指定します。値の範囲は0-10秒です。

    • Hold: サスティンのレベルと長さを設定します。値の範囲は0-10秒です。

    • Release: サスティンが終わってから、エンベロープの値がゼロに下がるまでの時間を指定します。値の範囲は0-10秒です。

  • 「Trigger」スイッチ: LFOと受信メッセージのMIDIノートのどちらでエンベロープをトリガするかを指定します。

    • LFO: LFOがピーク値(正の値)に達するとエンベロープが再トリガされます。Modulator MIDIプラグインのLFOを参照してください。

      注記:エンベロープの周期が終わりかけているときには、エンベロープは受信したLFOのトリガを無視します。

    • Single: すべてのノートが放されると、受信したメッセージの最初のMIDIノートによってエンベロープが再トリガされます。

      注記:レガートに弾くとエンベロープがリセットされないので注意してください。

    • Multi: 受信したメッセージのMIDIノートごとにエンベロープが再トリガされます。

  • 「Steps per Env Pass」(Steps per Envelope Pass)スライダ/フィールド: エンベロープ周期のステップ数を指定します。デフォルトでは、エンベロープはコントローライベントの滑らかで連続した流れを生成しますが、このパラメータを使用すると、サンプル&ホールド回路の出力のような段階的なコントローラ信号を作成できます。手動ステップレートを設定すると、ステップ数を変更せずにエンベロープ時間を変えることができます。

  • 「Env to LFO Rate」ノブ: LFOモジュレーションの最大量(LFOの深さ)を設定します。LFOレートは、「Attack」、「Hold」、および「Release」パラメータによってモジュレートできます(上記参照)。

  • 「Env to LFO Amp」ノブ: LFO出力のモジュレーションの最大量を設定します。これを使うと、エンベロープと共にLFOをフェードインまたはフェードアウトできます。

  • 「To」ポップアップメニュー: エンベロープの出力先として、コンティニュアスコントローラ番号、アフタータッチ、またはピッチベンドを選択します。プラグインのパラメータを登録することもできます。

  • 「Output Level」スライダ: エンベロープの出力レベルを調整します。

  • 「Offset」スライダ: 出力先に合わせて出力を調整するための正または負のオフセットを設定します。

  • オシロスコープ: 調整前のエンベロープ制御信号の形状が表示されます。

  • 「Midi Channel」ポップアップメニュー(拡張パラメータ): 左下にある開閉用三角ボタンをクリックします。MIDI出力チャンネルを選択します。

プラグインのパラメータにMIDIイベントを割り当てる

同じチャンネルストリップにあるプラグインにMIDIイベントを割り当てて送信できます。これによって、MIDI CCメッセージを使わずにパラメータを制御できます。

  1. 「To」ポップアップメニューから「Learn Plug-in Parameter」を選択します。

  2. 割り当て先のプラグインのパラメータをクリックします。

    「To」フィールドにプラグインとパラメータの名前が表示されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?