MainStage: EXS24 mkIIのモジュレーションターゲットのリファレンス情報

EXS24 mkIIのモジュレーションターゲットのリファレンス情報

「Dest」ポップアップメニューで選択できる、リアルタイムでモジュレーション可能なターゲットを表に示します。

デスティネーション

説明

Sample Select

演奏されるサンプル(ゾーン)をモジュレートします。

デフォルトでは、「Sample Select」は「VelocityからSample Selectへ」のモジュレーション経路でベロシティによって制御されます。つまり、キーボードでの演奏の強弱を変えたときに(異なるベロシティ範囲で)レイヤー化されたゾーンのうちのどれが再生されるかは、受信したノートのベロシティ値によって決まります。

しかし、どのサンプルを再生するかはベロシティ以外の方法でも制御できます。「Sample Select」デスティネーションにモジュレーションホイールをモジュレーションソースとして割り当てたり、ベロシティとモジュレーションホイールの両方を使用したりすることができます。

モジュレーションホイールなどの連続コントローラで行う場合は、再生中にベロシティレイヤーを切り替えることができます。この場合、ベロシティの変化する部分でスムーズに切り替えを行うにはクロスフェードパラメータを利用します。

複数のモジュレーションソースを使用する場合は、すべてのベロシティレイヤーが同時に再生され、レイヤー化されたゾーンの数だけボイスを使い切ってしまうことがあるので注意が必要です。それに応じてCPUの負荷が高くなります。

Sample Start

サンプルの開始時間をモジュレートします。これにより、たとえばドラムループを途中でトリガすることができます。

Glide Time

グライド(ポルタメント)エフェクトの継続時間をモジュレートします。ベロシティをモジュレーションソースにしてグライドをモジュレートすると、キーを押す速度により、演奏したノートが正しい音程に達するまでの時間を定義できます。

Pitch

読み込まれているサンプラー音源の周波数(ピッチ)をモジュレートします。LFOをモジュレーションソースにすると、このモジュレーションデスティネーションはサイレンのような音、またはビブラートのかかった音になります。モジュレーションソースとしてエンベロープジェネレータを指定し、「A」(アタック)を0、「D」(ディケイ)を小さな値、「S」(サスティン)を0、「R」(リリース)を小さな値にすると、タムタムやキックドラムのような音になります。わずかにエンベロープモジュレーションを効かせると、チューニングのずれかたが時間と共に変化します。これは金管楽器のサウンドで特に便利です。

Filter Drive

フィルタのドライブパラメータをモジュレートします。

Filter Cutoff

カットオフ周波数パラメータをモジュレートします。EXS24 mkIIのフィルタの概要を参照してください。

Filter Resonance

フィルタのレゾナンスパラメータをモジュレートします。

Volume

EXS24 mkIIのメイン出力レベルを制御します。

Pan

ステレオ空間での出力信号の定位(パン位置)をモジュレートします。モジュレーションソースとしてLFOを指定すれば、ステレオトレモロ(オートパン)の効果が得られます。Unisonモードの場合、各ボイスのパン位置は、ステレオ空間全体に広がります。パンのモジュレーションによって、位置を平行移動することも可能です。

Relative Volume

ボリュームパラメータに対して指定した量を加減します。

LFO1 Dcy./Dly(ディケイ/ディレイ)

LFO 1の「EG」パラメータを制御します。EXS24 mkIIのLFO 1エンベロープジェネレータを参照してください。

LFO1 Speed

LFO 1の周波数(レート)をモジュレートします。モジュレーションデスティネーションとして「LFO1 Speed」を指定し、いずれかのエンベロープジェネレータ(ENV)またはLFO 2かLFO 3を使用してモジュレートすることで、LFO 1のレートを自動的に加速または減速することができます。

LFO2 Speed

LFO 2について、上記と同様です。

LFO3 Speed

LFO 3について、上記と同様です。

Env1 Attack

フィルタエンベロープのアタック時間をモジュレートします。

Env1 Decay

フィルタエンベロープのディケイ時間をモジュレートします。

Env1 Release

フィルタエンベロープのリリース時間をモジュレートします。

Time

「time via key」スライダの位置をモジュレートします。「EXS24 mkIIのエンベロープの概要」の「Time Curve」スライダの説明を参照してください。

Env2 Attack (Amp)

2番目のエンベロープジェネレータのアタック時間をモジュレートします。

Env2 Decay (Amp)

2番目のエンベロープジェネレータのディケイ時間をモジュレートします。「Env2 Decay」をモジュレーションデスティネーションとして、「Velocity」をモジュレーションソースとして指定した場合、ノートの減衰時間はキーを押す強さによって変わります。「Key」(Keyboard)をモジュレーションソースに指定すれば、高音ほど速く(あるいは遅く)ノートが減衰するようになります。

Env2 Release (Amp)

2番目のエンベロープジェネレータのリリース時間をモジュレートします。

Hold

サスティンペダル機能に割り当てられた(別の)コントローラをモジュレートします。「EXS24 mkIIのグローバルパラメータの概要」の「Hold」パラメータの情報を参照してください。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?