MainStage: Tunerユーティリティ/プラグイン

Tunerユーティリティ/プラグイン

Tunerユーティリティまたはプラグインを使うと、お使いのシステムに接続された音源をチューニングすることができます。これにより、外部音源の録音がプロジェクト内のほかのソフトウェア音源、既存のサンプル、既存の録音と調和するようになります。

図。Tunerウインドウ

Tunerのパラメータ

  • チューニングのグラフィックディスプレイ: ノートのピッチをセント単位で示します。センター位置(12時の方向)にあれば、ノートは正確にチューニングされています。インジケータが中央から左に動く場合は、基準のノートよりも音が低くなっています。インジケータが中央から右に動く場合は、基準のノートよりも音が高くなっています。チューニング精度を示すために、色も使用されます。緑色はチューニングされた信号を示し、オレンジ色はデチューンされた信号を示します。

  • 参照チューニングフィールド: 上下にドラッグして、チューニングのベースとして使用するノートのピッチを設定します。デフォルトはノートA = 440 Hzで、410-470 Hzの範囲で設定できます(0.1 Hz単位)。

  • キーノートディスプレイ: 演奏中のノートの目標ピッチ(チューニングされた最も近いピッチ)が表示されます。

  • チューニングずれディスプレイ: チューニングのずれがセント単位で表示されます。

  • 「M」ボタン: アクティブなチャンネルを無音にします。

  • 「表示」ポップアップメニュー: 横長または縦長ディスプレイを選択し、サイズを設定します。

    注記:プラグインウインドウ下部の隅をドラッグしてサイズを設定することもできます。

Tunerユーティリティを使う

  1. コントロールバーの「チューナー」アイコンをクリックします。

    Tunerユーティリティウインドウが開きます。

  2. 音源で単音を鳴らしてチューニングのグラフィックディスプレイとキーノートディスプレイを確認します。ノートがキーノートのフラットまたはシャープである場合は、チューニングのグラフィックディスプレイにオレンジ色の区画が表示され、キーノートがオレンジ色で表示されます。チューニングずれディスプレイにはピッチが(セント単位で)どれだけずれているかが表示されます。

  3. チューニングのグラフィックディスプレイでインジケータが中央に表示され、チューニングずれディスプレイに「0 cents」と表示されるように音源をチューニングします。

    正しくチューニングされると、チューニングのグラフィックディスプレイとキーノートは緑色で表示されます。

Tunerプラグインを使う

  1. Tunerプラグインをオーディオ・チャンネル・ストリップに挿入します。

    Tunerプラグインウインドウが開きます。

  2. 音源で単音を鳴らしてチューニングのグラフィックディスプレイとキーノートディスプレイを確認します。ノートがキーノートのフラットまたはシャープである場合は、チューニングのグラフィックディスプレイにオレンジ色の区画が表示され、キーノートがオレンジ色で表示されます。チューニングずれディスプレイにはピッチが(セント単位で)どれだけずれているかが表示されます。

  3. チューニングのグラフィックディスプレイでインジケータが中央に表示され、チューニングずれディスプレイに「0 cents」と表示されるように音源をチューニングします。

    正しくチューニングされると、チューニングのグラフィックディスプレイとキーノートは緑色で表示されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?