MainStage: Pedalboardのマクロコントロールを使う

Pedalboardのマクロコントロールを使う

Pedalboardには、AからHまでの8つのマクロターゲットがあります。これらを使うと、挿入したストンプボックスの任意のパラメータをマッピングできます。Pedalboardの各設定と一緒に異なるマッピングを保存できます。

ワークスペースに「Macro <A–H> Value」用のノブを作成します。こうするとMIDIハードウェアのスイッチ、スライダ、またはノブを使って、マップしたPedalboardの「Macro <A–H>」の対象パラメータをリアルタイムで操作できるようになります。詳しくは、「Smart Control」の章を参照してください。

図。Pedalboardのマクロコントロール領域にあるマクロターゲットと値のパラメータ。
  • 「Macro <A–H> Target」ポップアップメニュー: MIDIコントローラで操作するパラメータを選択します。

  • 「Macro <A–H> Value」スライダ/フィールド: 対応する「Macro Target」ポップアップメニューから選択したパラメータの現在の値を設定および表示します。

「Macro <A–H> Target」を割り当てる

  1. 左下の開閉用三角形をクリックすると、マクロコントロール領域の非表示と表示が切り替わります。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • いずれかの「Macro <A–H> Target」ポップアップメニューから、操作したいパラメータを選択します。

        各ストンプボックスパラメータが、「スロット番号—ペダル名—パラメータ」という形式で表示されます。

      たとえば、「Slot 1—Blue Echo—Time」、または「Slot 2—Roswell Ringer—Feedback」のように表示されます。

      スロット番号は、ペダル領域内の左右のどの位置にペダルが表示されているかを表します。

    • いずれかの「Macro <A–H> Target」ポップアップメニューから「Auto assign」を選択してから、挿入されているペダルの適切なパラメータをクリックします。

      注記:「Macro <A–H> Target」ポップアップメニューに、選択したパラメータが表示されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?