MainStage: Sculptureのインターフェイス

Sculptureのインターフェイス
図。メインのインターフェイス領域が表示されたSculptureのウインドウ。

Sculptureのユーザインターフェイスは、主として3つの領域に分けられます。

  • サウンドエンジン: Sculptureの上部2/3には、サウンドエンジンがあります。これは、以下の5つのサブ領域に分けられます:

    • 弦のパラメータ: 中央にある丸い「Material」パッドは、弦を作成および制御して、サウンドの基本的な音色を決めるときに使用されます。Sculptureの弦の概要を参照してください。

    • オブジェクトパラメータ: 左上の領域にはオブジェクトがあります。弦を何らかの方法で刺激したり影響を及ぼしたりするために使用されます。Sculptureのオブジェクトの概要を参照してください。

    • 処理パラメータ: 処理パラメータは、弦の信号を取り込んで、音を細かく制御します。フィルタWaveshaperピックアップ振幅エンベロープのパラメータがあります。

    • グローバルパラメータ: Sculptureの全体的な動作に影響を及ぼします。グローバルパラメータには、ベンド範囲、キーボードモード、およびチューニングコントロールが含まれます。

    • 後処理パラメータ: 音源全体の全体的なトーンや動作に影響を及ぼします。後処理パラメータには、ディレイエフェクトBody EQ、および出力のパラメータがあります。

  • モジュレーションセクション: サウンドエンジンの下の濃いブルーグレイの領域には、モジュレーションソース(LFO、ジッタージェネレーション、記録可能なエンベロープ)があります。

  • グローバル・コントロール・ソース: インターフェイスの下部にある領域では、MIDIコントローラをSculptureのパラメータに割り当てることができます。このセクションには、モーフィング可能なパラメータ専用のコントローラである「Morph」パッドも組み込まれています。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?