MainStage: Sculptureの「Material」パッドの「Keyscale」/「Release」表示

Sculptureの「Material」パッドの「Keyscale」/「Release」表示

「Keyscale」または「Release」表示では、「Material」パッドに「Keyscale」および「Release」パラメータの追加コントロールが表示されます。

図。「Keyscale」および「Release」パラメータが表示された「Material」パッド。

「Material」パッドの「Keyscale」および「Release」パラメータ

  • 菱形コントロール: 「Keyscale」および「Release」パラメータの「Stiffness」と「Inner Loss」を調整します。

    • 「Keyscale」表示の菱形は、「Inner Loss」と「Stiffness」のスケーリングの高低の交わる位置を示します。この菱形をドラッグすれば、両方のパラメータを同時に調整できます。

    • 「Release」表示では、菱形をドラッグできるのは垂直方向のみです。これは、「Stiffness」パラメータのリリース動作を調整することができないためです。

  • 十字/線コントロール: 菱形がボールに隠れているときに「Keyscale」および「Release」パラメータの調整に使用します。十字を使用して、2つの軸のいずれか(「Inner Loss」または「Stiffness」の現在の値を制御するX/Y位置)に対して個別にキースケールを変更することもできます。

注記:Optionキーを押したままコントロールをクリックすると、対応するパラメータがデフォルト値にリセットされます。

「Material」パッドの「Inner Loss」のキースケールを調整する

「Keyscale」の「Inner Loss」パラメータを使用すると、中央のCより高いノートと低いノートに対して個別に減衰の度合いを制御することができます。これによって、キーボードで高いノートと低いノートを演奏したときのそれぞれの減衰の量を変えることができます。

  1. 「Keyscale」ボタンをクリックします。

  2. 低音部は緑色の水平線を、高音部は青色の水平線を、それぞれドラッグします。

「Material」パッドの「Stiffness」のキースケールを調整する

「Keyscale」の「Stiffness」パラメータを使用すると、中央のCより高いノートと低いノートに対して個別に弦の剛性を調整することができます。これによって、キーボードで高いノートと低いノートを演奏したときに聞こえるそれぞれの不協和音の量を変えることができます。

  1. 「Keyscale」ボタンをクリックします。

  2. 低音部は緑色の垂直線を、高音部は青色の垂直線を、それぞれ水平方向にドラッグします。

    ヒント:緑色の線が交差する菱形をドラッグすれば、「Stiffness」と「Inner Loss」のキースケールを同時に調整できます。

「Material」パッドの「Inner Loss」のリリース・スケールを調整する

「Release」表示では、キーがリリースされたときの減衰の量の変化を指定します。このパラメータの従来からの使いかたとして、このパラメータと「Media Loss」スケールリリースを併用することで、ノートオフメッセージの受信時に減衰される弦の自然なシミュレーションが可能になります。Sculptureの弦パラメータのスライダを参照してください。

  1. 「Release」ボタンをクリックします。

  2. 青色のリリース線を垂直方向にドラッグします。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?