MainStage: Ringshifterのディレイパラメータ

Ringshifterのディレイパラメータ

エフェクト信号は、オシレータの次にディレイを通過します。

図。Ringshifterのディレイパラメータ。

ディレイパラメータ

  • 「Time」ノブ/フィールド: ディレイ時間を設定します。非同期で動作させる場合はヘルツ単位、「Sync」ボタンがオンの場合は音価単位(3連符や付点音符も含まれます)で値を設定します。

  • 「Sync」ボタン: ディレイをプロジェクトテンポに同期します。「Time」ノブで音符の値を選択します。

  • 「Level」ノブ/フィールド: リングモジュレータまたは周波数シフターで処理された信号に加えるディレイのレベルを設定します。「Level」値を0にすると、エフェクト信号が直接出力に渡されます(バイパス)。

  • ディレイの「Low Cut」/「High Cut」スライダ/フィールド: インターフェイスの左下にある開閉用三角ボタンをクリックすると、これらの拡張パラメータにアクセスできます。「Low Cut」値より低い周波数、および「High Cut」値より高い周波数をカットします。ハイパスフィルタとローパスフィルタを使い、ディレイリピートのサウンドを成形できます。フィルタはフィードバック回路にあるので、ディレイリピートが発生するたびにフィルタ効果が強まります。濁った感じを強めたい場合は、「High Cut」スライダを左に動かします。エコーを薄めにしたい場合は、「Low Cut」スライダを右に動かします。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?