MainStage: Pitch Correctionエフェクトのパラメータ

Pitch Correctionエフェクトのパラメータ
図。Pitch Correctionウインドウ

Pitch Correctionのパラメータ

  • 「Use Global Tuning」ボタン: オンにすると、ピッチ補正処理にプロジェクトのチューニング設定が使用されます。オフにすると、「Ref. Pitch」の設定が参照チューニングとして使用されます。Pitch Correctionエフェクトの参照チューニングを使うを参照してください。

  • 「Normal/low」ボタン: 補正が必要なノートを探すピッチ範囲を設定します。Pitch Correctionエフェクトのクオンタイズグリッドを参照してください。

  • 「Ref. Pitch」フィールド: 参照チューニングをルートからのセント単位で設定します。

  • 「Root」ポップアップメニュー: スケールのルートノートを選択します。

  • 「Scale」ポップアップメニュー: ピッチ・クオンタイズ・グリッドを選択します。

  • キーボード: キーをクリックすると、ピッチ・クオンタイズ・グリッドからそのノートを除外できます。スケールからキーを完全に削除することで、それ以外で最も近いピッチ(キー)にノート補正が行われます。ピッチ補正対象からノートを除外するを参照してください。

  • 「Byp」(バイパス)ボタン: 対応するノートをピッチ補正対象から外します。つまり、このピッチにマッチするノートがすべて補正されるわけではありません。これはユーザと内蔵のスケール・クオンタイズ・グリッドの両方に適用されます。

  • 「bypass all」ボタン: 補正信号とオリジナル信号をすばやく比較したり、オートメーションの変化を試聴したりできます。

  • 「Show input/output」ボタン: 入力信号/出力信号のピッチをキーボードのノートの上に表示します。

  • 「Correction Amount」ディスプレイ: ピッチの変化の度合いが表示されます。長時間における補正度合いの平均が赤いマーカーで示されます。録音時にボーカルのイントネーションについてシンガーと検討(およびイントネーションを最適化)するときに、このディスプレイを利用できます。

  • 「Response」スライダ/フィールド: ボイスが補正後の目標ピッチに到達するまでの時間を設定します。

    歌には、ポルタメントなどのグライドテクニックが用いられています。「Response」に非常に高速の値を選択すると、継ぎ目のない滑らかなポルタメントが半音刻みのグリッサンドに変わりますが、イントネーションは完璧になります。一方、「Response」の値が低すぎると、出力信号のピッチが十分な速度で変化しなくなります。このパラメータの最適な値は、元の演奏の歌唱スタイル、テンポ、ビブラート、および正確さにより異なります。

  • 「Detune」スライダ/フィールド: 出力信号をデチューンする度合いを設定します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?